遊星仮面

遊星仮面 てどんな作品?


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


「遊星仮面」とはどんなTVアニメ作品なのかを、簡単に紹介します。

下記の項目をクリックすると、このページ内の説明箇所に移動します。

このサイトをつくった経緯等については、【このサイトについて】ページをご参照ください。


なぜ今、遊星仮面?

遊星仮面」は、1966年から67年にかけてつくられた、全39話のモノクロSFアニメ。

日本のTVアニメ黎明期に、今のフジTV系列で放映された作品です。

制作したのはTCJ(ティーシージェイ)。現在の(株)エイケン左のリンク先は外部サイトです。((C)エイケン)


人呼んで遊星仮面」、「戦争やめろ」 といったセリフが有名。

ですが長年、それ以外の内容については、一般にはほとんど知られていませんでした。

放映時期や再放送の機会に恵まれなかったことなどもあって、認知度も低く、長年いわゆるマイナーな作品として扱われてきたからです。


今見ると、いろいろと欠点の多い作品ではあります。

それでも、ストーリーや設定などは、今見ても驚くほど斬新です。

戦争の本質や人種差別といった、深刻な普遍的問題が盛り込まれているからです。

太平洋戦争での傷がまだ生々しかった時代につくられたことも、影響しているのでしょう。


子供向き作品であっても、設定やストーリーやキャラなどに容赦ない重みをもたせるのが、日本のアニメ。

世界に誇るべきその特徴が、すでにTVアニメ創成期の頃から存在していたことを示す、貴重な作品のひとつでもあります。

「遊星仮面」は、確実に日本TVアニメ史に記されるべき意欲作です。

近年に至っては、ドラマ性の高さが評価され、アニメにおけるSF大河ドラマの草分けであるとの意見も。

そして、一貫して流れる深いテーマ。それは戦争が絶えることなく民衆の悲劇が続く今の時代だからこそ、あえて注目されるべきものなのです。


幸いなことに、ED映像以外、OP映像と本編39話すべての映像が残っていたことで、2013年7月に全話DVD化が実現しました。(詳細についてはこちらをご覧ください。)

それまでにも、1996年以降、時おりCS局で放映されていました。

CS局での放映の歴史については、【放映後から現在までのページ】ページのこちらからご参照ください。

>>>このページの最初に戻る

簡単なあらすじ

Wikipedia(ウィキペディア)左のリンク先は外部サイトにも、あらすじ等がくわしく記されています。

Wikipediaに関しては、内容のいいかげんさや間違いなどが指摘されがちですが、こと遊星仮面に関しては、ほぼ正確で、かつ興味深い内容になっています。

以下の内容とあわせて、ごいっしょにご覧ください。


時は21世紀。太陽をはさんでほぼ平行した軌道を動く地球とピネロン星とは、長年友好関係にあった。

しかし、ある謎の大事故がきっかけで、両星の間に不幸な宇宙戦争が始まる。

その事故に巻き込まれて地球人の父を亡くし、次いでピネロン人の母を地球側の捕虜にとられた、星間混血児のピーター15歳。

地球で生まれ育ち、自らを地球人と自覚する彼は、祖国地球を守るべく、亡き父の意を受け継ぎ立ち上がる。


守るべき祖国。そこにいるのはいまや地球人だけではない。ピネロン人も大勢移住し、地球人と共存していたのだ。

彼らは開戦とともに、地球の軍政府によって問答無用に拘束され、彼の母と同じように、捕虜として強制収容所に収監されてしまう。

ピネロン星の独裁者は、そんな同胞を見捨てたかのように、進んだ科学技術を駆使し、地球と地球人を壊滅させようとはかる。


母たち地球に住む人々を守るためには、母たちピネロン人を捕虜の身から解放するためには、ピネロン側からの攻撃から祖国を守りぬき、最終的に戦争終結へともっていくことしか手だてはない。

ピーターはそのために、正体を隠し「遊星仮面」となってひとり戦うことを選ぶのだ。亡き父から託されたさまざまな力を使って。

母の星の人間をも守るために母の星の人間を殺す、その理不尽に身をさらしながら。

自らにもふりかかる差別や迫害をはねのけながら。


やがて、謎の大事故が陰謀であったと判明した時、事態は皮肉な結末へと導びかれることになる……。


最終回は、あらゆる意味で特筆ものです。

>>>このページの最初に戻る

はじめて映像をご覧になるさいの注意点

つくられたのは半世紀以上も昔です。ですから技術面、特に絵や動きに関しては、稚拙さが目立ちます。

登場人物の顔や頭身も、話によって、というか同じ話の中でも、コロコロと変わります。今見ると、笑えるほどの"作画崩壊"状態です。この時代の作品を全くご存知ない方は、かなりの違和感を感じられることでしょう。

(作画に関する時代状況については、こちらをご参照ください。)

また、まだ人類が月に行っていない時代の作品ですので、SF考証なども、今見ると凄まじくメチャクチャ。

さらに、主人公の性格やヒーローとしての行動には、今見るとかなり深刻な問題点があります。

欠点はいくらでも出てきます。


それでも、あえて設定やストーリーのみを追ってみてください。

注目すべき価値があることにきっと気づかれるはずです。

>>>このページの最初に戻る

遊星仮面についてもっとくわしく知りたい方のために

(1)このサイト内で

(2)このサイト外で(映像以外)

  • (株)エイケンの公式HP左のリンク先は外部サイトをご覧ください。

    (補完的情報については、このサイト内の【参考資料】ページをご参照ください。)

  • マンガショップで発売中の漫画版をお読みください。

    遊星仮面〔完全版〕【上】』、『遊星仮面〔完全版〕【中】』、『遊星仮面〔完全版〕【下】』。

    (マンガショップのURLは、当サイト【リンク】ページ内に記載。こちらから。)

  • 私(OHYABU)のツイッターから、遊星仮面の本質についての重要な書き込みを集めた以下の外部サイトを、参考にご覧ください。

    私以外の方が書かれた、新たな視点での作品解説サイトの情報も載せております。

    ふぁぼろぐhttps://favolog.org/ohyabu左のリンク先は外部サイト(←クリックすると別ウインドウで開きます。)

    (クリックする前にまずはこちらをお読みください。)

上記(2)の(株)エイケンのHPと、遊星仮面の単行本HPでは、画像もご覧いただけます。

後者では、立ち読み と書かれたところをクリックすれば、漫画の一部を読むことができます。

アニメのキャラデザインは漫画版の作者の手によるものですので、造形にはほとんど差がありません。

(3)ソフト化製品、およびネット配信状況

【新着情報】ページには、DVD-BOX以外で見ることができる動画情報についても載せています。