遊星仮面ファンサイト〔付録〕

管理人の創作空間:リメイク用


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


1960年代のTVアニメ「遊星仮面」の二次創作――というより、ファンサイト管理人の私が、シロウトながらかなり本気で書いているリメイク用小説です。

2021年に60歳になり、自分とサイトの寿命が見えてきたため、羞恥心を捨てました。

全体としては……

TVアニメ版と同じく、反戦を全面に立てるのではなく、戦争に巻き込まれる群像を描く。

TVアニメ版と同じく、「民間人を巻き込み、民間人を盾にとる戦争の本質」「子供を戦争に巻き込ませてはいけない」といったテーマを入れる。

その上で、「平和は血にまみれたものの隣にある。そんな中で人間は…人類はどう生きるのか」といったテーマを、私なりに含めさせたいと思っています。

2022/5/16 記

現在、求職活動のため構想中断・執筆再開時期未定。
(就職したあとも再開できるかどうか、不明……。)

創作のためには過剰なまでの集中が必要で、それが許される長く連続した時間がとれないと、なによりその安心感がもてないと、脳が動きません。
余命がわずかとなり、脳が健康に稼働できる期間がさらに限られてきているなか、物語を完結できないのではとの焦りも感じています。

2020~2022年内での約2年間の在宅~失業期間中になんとか書きあげられたのは、わずかに第4章と第5章のみ。(第3章までの修正・追加と、物語設定&キャラ設定執筆も行いましたが。)

これ以上、失業期間を伸ばすことはできません。このままでは生活保護に陥ります。
無念でしかたありませんが、生計に結びつかない以上、創作はいったんあきらめざるをえません……。

2022/7月末 記

7月25日より、エッシェンシャルワーク、いわば肉体労働のパートで働くことに。
(創作のための時間が十分にとれるかどうか、不明……。)

まともな資格もなく、貧楚な職歴しかない高齢女性が、デスクワークなど脳を使う仕事に雇ってもらうことはもはやムリだと諦めています。日本の社会はそういうものだと諦めています。


なお、以下のページには、私がまだ20歳代の頃――昭和の終わり頃に書いた、二次創作作品のあらすじを記しています。

今書いている物語に出ているキャラの原型も登場します。参考までに。