遊星面ファンサイト〔付録〕

管理人が語る、他のアニメや漫画について
ツイッター上での管理人の記述(4)


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


このページに掲示しているのは、2015年1月10日からの内容です。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


略する場合は(略)。あからさまな誤字脱字は訂正。URLは削除するか、該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載しています。

記載している作品に関する詳細等は、お手数ですが、皆様方それぞれでお調べいただくようお願いします。

なお、引用させていただいた掲示板<アニメぶろぐなBBS>のスレは、現在ではレインボー戦隊ロビン・ファンサイト【過去ログ集】ページ内に収納されています。(【過去ログ集】ページのURLは、当サイト【リンク】ページ内に記載。こちらから。)

>>>このページの最初に戻る


<2015/1/10>

  • サザエさんを作ってる現在のエイケンが、TVアニメ黎明期に制作した計11作品をトータルブランド化する「エイケンクラシカル」展開開始!こちらのブロマガもご覧ください→https://ch.nicovideo.jp/metabou/blomaga/ar704896左のリンク先は外部サイト2015/1/10

  • 「エイケンクラシカル」のなかで、今の世代に説明(昔は技術が至らず…などといった注釈)無しに見てもらえる筆頭は「カムイ外伝」だろうか。原作の力も大きいが、アニメ制作側もそれ以上に頑張ってる。「サスケ」もだ。哀愁に満ちた音楽。琵琶の音色が効果的なBGM。墨絵調の美術は今見ても凄い。2015/1/10

  • 寄生獣 セイの格率」。11話まで見た時点では、アニメとしてのデキはイマイチではと。経年に耐えれる絵ではなく、何よりヒロイン里美に魅力がないと…。
    しかし12話は違った。準ヒロイン加奈の切なくいじらしい心が丁寧に描かれてて原作よりも秀逸。最後殺される彼女が余りにも可哀想すぎて…。2015/1/16

  • 漫画を立ち読みしてた関係で、こちらも見始める→アニメ「純潔のマリア」。2015/1/16

  • 最終話近くからしか見てない「キルラキル」。最初から見たいと、BSやCSをチェックしてるのだが…。あと「ゾイドジェネシス」も。2015/1/16

  • 古典を広く世に知ってもらうがために創られた作品は、古典の著作権を侵害するというより逆に再確認させるのではないか。次代に伝えるためにも有益で意義あるものだと思う。
    →(略:計7点のアニメ&特撮作品のパロディ作品)2015/1/22

  • (略)ムロタニ・ツネ像氏の漫画も殆ど知らず。しかし’80年代、雑誌「宇宙船」での特集で『地獄くん』『虫地獄』『人形地獄』『パビリオン地獄』を知り、後に読む。特に『人形地獄』は優れた反戦漫画。(略)2015/2/14

  • ここ数日、久々に、掲示板アニメぶろぐなBBSへの書き込み(略)一応♀なので、少女漫画に熱中した時代もある。そのことについて書いている。2015/2/19

  • アニメ版『純潔のマリア』リアルタイムに視聴中。アニメオリジナルのキャラも生きてて今のところかなりイイ。百年戦争時の仏。聖俗の利害入り乱れる中、処女の魔女マリアは「戦争なんか大っ嫌い!」との思いだけで戦を止めようとする。彼女の純粋な叫びがどう意義あるものとして描かれるかに注目!2015/2/20

  • 前ツイートで紹介したアニメ版『純潔のマリア』。表向きは愉快で明るいシーンが多いが、底にあるものは重い。人間社会を傍観するだけの神、その神の名を使い戦の後押しをする宗教家、戦争で稼ぐ傭兵。…ただ傭兵1人1人は尊厳ある人間として描かれてる。こうしたことが更に作品の奥行きを深めてる。2015/2/20

>>>このページの最初に戻る

<2015/2/22~>

  • その心の尊さを、少しでもわかってあげたかった……。そんな思いにかきたてられるのは、黎明期のTVアニメ「宇宙パトロールホッパ第21話:太陽の子ライマン(制作:東映アニメーション)。(略)2015/2/22

  • 鬼灯の冷徹」17巻「乙嫁語り」7巻ゲット。後者は、今回のは風俗として見るにはいいが、ストーリー自体は好みじゃないな。…話は変わるが、最近刊行された「動きで見る民族衣装の描き方」 (玄光社MOOK)。漫画での描き方が丁寧に。これは文書表現にも役立つ。金の工面がつけば必ず買う!2015/2/25

  • 私が書きたいモノクロアニメの粗筋は例えば:平和の意味を問うもの→遊星少年パピイ第28話魔人ガイスト宇宙少年ソラン第50話平和の誓い』。主人公を愛し愛された女性達の最期を描いたもの→宇宙少年ソラン第62話ガイバーの最期』(死ぬのはシベール) 第93話さようならシーラ』。2015/3/3

  • アニメ版「純潔のマリア」第8話まで視聴。アニメオリジナル色を強め、より私好みの重く痛い方向へと…。百年戦争時の仏。戦争やめろ!と叫び、人々に慈愛を施しながらも、“魔女”というだけで誤解され利用され、疎まれ憎まれ排斥される。(略)2015/3/4

  • アニメ『進撃の巨人』第21話まで見た。…面白い!ストーリー自体はここまでのところ原作漫画に忠実だが、アニメならではの表現方法、いわば技術が凄い!2015/3/7

  • 今日は東京大空襲から70年目…。(略)少女漫画出身の巴里夫さんの、反戦漫画「疎開っ子数え唄」「愛と炎」もこの東京大空襲がからむ…。2015/3/10

  • アニメぶろぐなBBS スレNo.1112では、ムロタニ・ツネ象人形地獄』、巴里夫『疎開っ子数え唄』がすぐれた反戦漫画として紹介。私も「ほるぷ平和漫画シリーズ」全5巻(’83年)を軽く紹介。そこには子供の私をトラウマに陥らせた作品が。2015/3/10

  • 『進撃の巨人』。主人公ら一部の人間は、手を噛み切るなど自らの体を傷つける自傷行為で巨人の体を得ることができる。この設定が面白い…。力を得るにはリスクが、幸を得るには犠牲が。これは人間や社会のサガとも。昔から文芸作品のテーマだが、今や自爆テロを支える理屈としても利用されてる…。2015/3/17

  • アニメ『純潔のマリア』第10話視聴。今のところ、この作品ホントにいい!このままだと、2010年代の私的なヒット作になるかも。2015/3/18

  • 黎明期モノクロTVアニメ「宇宙パトロールホッパ」、ついに全44話DVD化左のリンク先は外部サイト!フィルム無事だったのか…。30年以上前の資料には、フィルムの破損がひどくて上映可能なものは数えるほどしかない、とあったのに…。そうにしても良かった!良かった!2015/3/18

>>>このページの最初に戻る

<2015/3/19~>

  • おおおお、ついに宇宙少年ソランのDVDも出るのか!BOX1左のリンク先は外部サイト7月発売 BOX2左のリンク先は外部サイト8月発売 全96話。統一性に欠く部分もあり、見方に工夫が必要かもしれませんが、今こそ再評価されるべき!2015/3/19

  • …なんか私が古いアニメにしか興味ないように見えたら、そりゃ間違い。視聴できる機会がなく埋もれたままになってる作品、技術的稚拙さだけで評価を決定されてる作品、思い出だけで評され実像とズレてしまってる作品、それらを世に引きずり出したいだけなの!それがたまたま黎明期TVアニメなの!2015/3/19

  • (略) 「宇宙少年ソラン」。ソランチャッピーのやりとりに特に演出の個性が…。ロビン同様♀に大人気。でもロビンのような強固なファン組織はなく、いまだマニア的活動する♀は希少なため地味化したとも…。ロマンアルバムにならなかったのは大人の事情だと思います。2015/3/19

  • 「宇宙少年ソラン」女性ファンが多かったのに、従来の広報にはその認識がなかったとしか…。だから今年発売のDVD-BOXが売れる為には、今や50代になった彼女らの注目を引きつける必要がある。全7話分登場の悲劇のヒロイン、シーラと、彼女のテーマ曲を前面に押し出してはどうだろうか?2015/3/20

  • 宇宙パトロールホッパ」。6月発売のDVD-BOXを売るには、半世紀ぶりの奇跡の復活であること、制作スタッフが凄いことを前面に押し出すがいいかと。(例えば、森康二氏の可愛い絵と、菊池俊輔氏の音楽。)(略)2015/3/20

  • 月鏡楼 アニメブログ別館>というサイト(略)。最新記事は『宇宙少年ソランのDVD箱が今夏発売決定』。他、コメント欄に黎明期アニメの記述があるページも http://blog.livedoor.jp/mikage68/archives/51973966.html左のリンク先は外部サイト2015/3/25

  • こちらには「宇宙パトロールホッパ」DVD-BOX発売決定についての記述が⇒https://ch.nicovideo.jp/metabou/blomaga/ar753003左のリンク先は外部サイト
    この勢いで東映アニメーションもやってほしい。「レインボー戦隊ロビン」はもとより、ギャグアニメの傑作「ハッスルパンチ」や、再評価の必要な「あかねちゃん」なども。2015/3/25

  • アニメ版『純潔のマリア』全12話見終わる。原作通り大団円。人間となったマリアがそのまま人間社会に受け入れられるかは疑問だが、音楽の効果もあって心に残る最終回。人間や社会や宗教の様々な側面を提示しながらも、如何せん話数が少なすぎた。掘り下げが足りないながらも、2010年代の良作。2015/4/1

  • アニメ版『純潔のマリア』は映画にした方がいい。その方がテーマが伝わる気がする。2015/4/1

  • アニメ版『純潔のマリア』についてもう一言:音楽が良かった。OP、ED、BGMすべて。2015/4/1

>>>このページの最初に戻る

<2015/4/3~>

  • 黎明期アニメの傑作「レインボー戦隊ロビン」、ついにDVD化決定!今年8月と9月に発売予定!以下をご覧ください。BOX1左のリンク先は外部サイト BOX2左のリンク先は外部サイト 2015/4/3

  • 妖怪人間ベム」'68&'06版、オンデマンドサービス<U-NEXT>に登録。(←現在は削除)'68版の原作者が“さかいさぶろう”となってるのが悔しい。正しくは“足立明”。 (略)2015/4/4

  • 私は本来「デビルマン」「マジンガーZ」「バビル2世」の世代。人形劇「新八犬伝」や「少年ドラマシリーズ」のフィルムのほとんどを消滅させたNHKを恨んでる世代。アニメージュ見ながらロボットアニメを見てた世代。…しかしそういうのを語る人は沢山いるからいいやと、モノクロアニメを語ってる。2015/4/5

  • モノクロ版「サイボーグ009」第16話。テーマは反戦。最終回ともども、今こそ見るべき作品のひとつ。 (略)2015/4/9

  • RT @nanashiborger: まとめを更新しました。「レインボー戦隊ロビン感想」 https://togetter.com/li/789846左のリンク先は外部サイト 2015/4/11

  • 最近見たアニメ3作品:「寄生獣」ミギーの声の意外性や、加奈の最期・後藤の造形は秀逸も、原作に遠く及ばず。「進撃の巨人」技術や美術が秀逸で、全てに勢いがあり、好み。ただ原作は未完でアニメはさらに中途。話の全体像不明にて評価不能。結局「純潔のマリア」が一番良かった。2015/4/14

  • 日本国憲法が、過剰なナショナリズムを封じ表現の自由を保障したからこそ、日本が誇る新しい文化が生まれた。それが漫画やアニメ…。国境、人種、民族、宗教等を軽々と超えるその高い表現性は、現憲法のもとで培われた部分が大きいと私は確信している。…とのことを私はココで何度も主張してる。2015/5/3

  • BSプレミアで不定期放映の「このマンガがいいね、BSオススメ夜話」。今回は<胸キュン!恋愛特集>。ココでまさかあの『わたしは真悟』(楳図かずお)が取り上げられるとは…。
    BSフジの 「ジャパコン・ワンダーランド」も毎回見てる。漫画&アニメのこの手の情報番組はもっとあってほしい。2015/5/4

  • レインボー戦隊ロビン、ビデオマーケットにも登場。ビデックス、DMM、GYAO!に続き、ネット配信4つめ。(←2016/1現在、全て配信終了2015/5/4

  • 黎明期TVアニメ「レインボー戦隊ロビン」、初のDVD-BOX発売に続き、ネット配信が現在4つ(前ツイート参照)。人気作だけに、熱いファンの声がツイッター上にもAmazon上にも。(略)2015/5/4

  • 「レインボー戦隊ロビン」、のネット配信の追加です。MUSIC.JPでも配信されてた。(略)現在5つも!まだまだ増えそうな予感が。人気の凄さがうかがわれます。(←2016/1現在、全て配信終了2015/5/4

  • (略)ロビンも、今の若い世代により知られるようになれば、他のモノクロアニメ作品の底上げもはかれるはず。2015/5/4

>>>このページの最初に戻る

<2015/5/13~>

  • はだしのゲン』。既に20ヶ国語以上で出版。エジプトでは初のアラビア語訳版が制作中。日本に留学経験のある大学教授が、生活習慣や方言の翻訳に苦労し つつも、第1巻を刊行。読んだ現地の学生は、「敵への赦し」を最大メッセージとして受け取っていた。←5/12、BS1「国際報道2015」より 2015/5/13

  • TBSチャンネルでの各3話ずつ放送:(1)エイトマン(2)スーパージェッター(3)宇宙少年ソラン(4)冒険ガボテン島(5)スカイヤーズ5←(4)はほぼ初めて、(5)は初めてまともに見る。個人的にはせめて(1)(3)の傑作選も見たかった。(5)はカラーよりモノクロの方がいい。2015/5/23

  • 漫画『鬼灯の冷徹』第18巻ゲット!購入時、書店のレジの向こうに『ヒストリエ』の新刊が見えた。…ああ、コチラもちゃんと読みたいな~。7月になけなしの賞与が入れば『純潔のマリア』を買う。『進撃の巨人」の新刊も楽しみにしてる。(略)2015/5/23

  • アニメぶろぐなBBS スレ1127 <怪獣&怪人のモチーフ分類「ウルトラマン編」>が盛り上がってる。パターンだが、ウルトラシリーズなら私の好みは帰マンまで。怪獣の造形やミニチュアの完成度ではセブンまでかな。円谷英二成田亨は偉大!2015/5/25

  • ウルトラマンについて:幼い頃は悲劇に最も反応してた。可哀想なピグモン、雪ん子(怪獣はウー)、シーボーズ…。成長するにつれストーリーに強く反応。ジャミラなど…。中高年になると効果や造形に。ジャミラの回も実相寺監督の演出に注目。最近ではプルトンに驚く。ゼットンの音響効果にも。2015/5/26

  • ウルトラセブンについて:ストーリーや怪獣造形の秀逸さは至るところで語られてるのでここではスルー。語りたいのは、小学女子をも唸らせたミニチュアの完成度の高さだ。以降の作品のソレが、全てチャチに見えるほどの…。例えばギエロン星獣の死。見事な自然のミニチュアがその悲劇性を高めてる。2015/5/26

  • 黎明期の傑作TVアニメ「レインボー戦隊ロビン」のファンの方に朗報! 今年、初の全話収録DVD-BOXが2回に分けて発売されますが、そのうちの後半、9/9発売のBOX2には、映像特典として幻の「レインボー戦隊解散宣言」が収録されます!2015/6/1

  • (略)「これでやっと完全な形の「ロビン」全話がファンの手元に届きます。(略)ベストフィールドさん、がんばったんだろうなあ。感謝です。」←ファンサイト管理人さんより 2015/6/2

  • 漫画『眉月の誓』『天離る月星』(作:長岡良子)。2つで藤原不比等の半生を描く。少女漫画ということで埋もれてるのかもしれないが、俯瞰の視点から様々な人間が描かれた一級の歴史大河ドラマだ。持統天皇も出てくる。里中満智子氏の『天上の虹』が今話題だが、こちらも再評価されるべきかと。2015/6/10

  • (略)同作者の作品(略)私的には、前ツイートで紹介した2作が頂点との結論に達してます。(略)大河ドラマではないものの、『啼沢女の杜』は内容が切なすぎて好きです。2015/6/11

>>>このページの最初に戻る

<2015/6/14~>

  • レインボー戦隊ロビン』のファンの方々の活動は、特に’80年代には、ロビンと同時期の他の黎明期アニメの掘り起しにも貢献。彼らへの感謝と私の個人的な思いは、遊星仮面ファンサイトの2009/1/12付の記述に記載 2015/6/14

  • アニメぶろぐなBBSより、怪獣&怪人のモチーフ分類→スレ1127「ウルトラマン編」スレ1133「ウルトラセブン編」スレ1135「ウルトラQ編」
    ウルトラQは『鳥を見た』のBGMが大好き。iPhoneにも入れてる。2015/6/18

  • 「戦争の本当の恐ろしさ…命令にただ従ううちに心が麻痺する」「たとえ「偽善」でも 突き通さねばならない「偽善」がある…「偽善」でしか成し遂げられない「善」がある」
    週刊モーニング連載終了間際の漫画『黒博物館 ゴーストアンドレディ』(作:藤田和日郎)でのかのナイチンゲールの言葉。2015/6/19

  • ……前ツイートにあるナイチンゲールの言葉とは、もちろん漫画上でのキャラとしての言葉です。あくまでもフィクションです。誤解しないでくださいね。2015/6/19

  • 私も幼児の頃、まさにこうした絵が大好きでした。昨日より「宇宙パトロールホッパ」初のDVD-BOX左のリンク先は外部サイト発売開始!2015/6/28

  • 戦え!オスパー」。この黎明期TVアニメも掘り起こして欲しい…。超能力を扱った初の作品だが、SFアニメ氾濫期に放映されたため当時も埋もれ、今も埋もれたまま。後押しとなる制作会社も今やなく、フィルムの所在も不明…。しかし優れたエピソードが多いとの声もあり、熱狂的ファンもいる。2015/7/2

  • 漫画の感想。私が唯一購入してる週刊モーニングから:今週私的に一番だったのは『ランド』(作:山下和美)。まだ掴みきれない部分のある問題作だが、「処刑は祭り。群衆の昂揚あっての処刑」とはまさに人間の本質!
    …他、『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』は、漫画力の強さが光る新人作品。2015/7/4

  • 漫画の感想。私が唯一購入してる週刊モーニングから:今『宇宙兄弟』で描かれてる内容は、まさに今のネット社会の問題…という以上に、今の日本の危機にも通じてる。悪意やデマや捏造によって作られた内容が、全くのウソなデタラメが、意図的に流され拡散され、あげくは世論が洗脳されていく様だ。2015/7/4

  • アトムとアトム以外とでTVアニメ創成期の作品を評価する人が今だにいる?見ずに贔屓と決めつけで当時の作品を評価する人がいる?そんな気がするのは「宇宙少年ソラン」への評価が正当ではないから。今だ偏見に晒されてる気が…。
    きちんと作品を見てください!まもなくDVD-BOX発売です。2015/7/6

  • ……誤解なきように。私は「鉄腕アトム」というモノクロアニメ作品そのものは、高く評価している。特に、だいぶ以前にもココに書いたが、『青騎士』の回はホントに凄い。2015/7/6

>>>このページの最初に戻る

<2015/7/10~>

  • 漫画『純潔のマリア』計4巻を近所の<古本市場>で1100円ほどで買ったが……間違えて第1巻を2冊買ってしまった。バカッ! 限定版の第1巻とexhibitionとをつい間違えたのだ。同じ色(黒)の装丁だったために。アホッ!…しゃあない、exhibitionはまたどこかで買おう。2015/7/10

  • 漫画『うしおととら』の、特に絵のファンでもあるため、最近はじまったアニメを見始めた。もっといろいろなアニメも見たいが、いかんせん時間がない…。2015/7/11

  • 漫画雑誌「イブニング」。近所の書店で立ち読みできなくなってた間に、私注目の漫画『累 -かさね-』がえらい展開になっとった…。
    醜い容姿の累が、美貌の大女優だった亡き母から授かった口紅。塗って口づけすると、一時的に相手と顔が入れ替わる。その力を借りて秘めた才能を開花させていくが…。2015/7/14

  • 漫画雑誌「ビックコミック」は、有り難いことに近所の書店でラクに立ち読み可能。現在は『天智と天武』に注目している…。天武天皇(大海人皇子)が蘇我入鹿の子、中臣鎌足が元百済の王だなど、独自の歴史解釈が面白い。なお物語としては、性格異常の暴君・天智天皇(中大兄皇子)が核になっている。2015/7/14

  • 昨日『純潔のマリア』exhibition購入。結局正価で買う。(略)一緒に『とりぱん』18巻も買う。作者のとりのなんこ氏は、雑誌「イブニング」でも執筆中。絵は全然違うが、溢れる詩情は確かに氏のもの。2015/7/16

  • 村上もとか氏の漫画。絵は洗練されてるが(略)人や社会の闇が目立たないような…。しかしそうした点が今回の漫画では長所となり、戦中戦後を生きた女性の強さが表現されてる。『フイチン再見!』。漫画家・上田としこ氏の再評価も兼ねて。2015/7/18

  • 漫画家・伊藤悠。現役の漫画家さんの中ではトップクラスの画力の持ち主であり、その絵はまさに私好み。現在「月刊!スピリッツ」で『シュトヘル』連載中。
    彼女が、今年10月放映予定のアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のキャラデザインの原案を担当しているという。原画が見たい。2015/7/18

  • (略)名無し・A・一郎さんサイトの閲覧数はさらに増え現時点で3800近く。ファンサイトの閲覧数も増えてるとか。さすが「レインボー戦隊ロビン」。黎明期を代表する人気作。今までDVD化されなかったのが不思議。2015/7/24

>>>このページの最初に戻る

<2015/7/24~>

  • (略)「宇宙少年ソラン」。宣伝になりますが、私が主催する遊星仮面ファンサイトと、レインボー戦隊ロビンファンサイト管理者主催の掲示板<アニメぶろぐなBBS>には再評価ネタが満載です。2015/7/24

  • 「宇宙少年ソラン」について。いまだに作品そのものをきちんと見ようとせず、さる事件についてのみのネタにしかなさらない方がいらっしゃることを憂える…。そんなこと、今となっては手塚治虫さんは望んでらっしゃらないはずだと信じてる。2015/7/24

  • (略)宇宙少年ソランはシリーズ内構成がヘタ(1シリーズ内に関係ない話が多々挿入)。複数の脚本家間の連携も悪い(設定や用語の統一に難。例えばソランの姉の容姿は最初と最後では全然違う)。個性的悪役の初登場が12話、ヒロインの登場が27話と、待ちが長いのも難。2015/7/24

  • (略)ただし、ソランとチャッピーの個性が強いので、この点が長く、しかも統一性に難がある全体を引き締めてるのですが…。初めて見る方には、27話でのヒロイン・シーラの登場までは、なんとか我慢してみてもらいたいと思ってます。2015/7/24

  • (略)宇宙少年ソラン。もし機会があれば、50話「平和の誓い」だけでも見てみてください。誤解で戦争間際まで至った2つの祖国(生まれた星地球と、育った星ソラン星)に、ソランが心引き裂かれるお話です。この作品での主人公の立ち位置が、明確に表されたお話ですから。2015/7/24

  • 「ビッグコミックオリジナル戦後70周年増刊号」に、日本漫画の超傑作『光る風』の最も衝撃的な部分が掲載。この作品については私も少し記述。<アニメぶろぐなBBS 「はだしのゲン」の中沢啓治さん死去>と検索し、トップに出てくる書き込みの中に。
    石の花』同様若い世代に読んでほしい。2015/7/30

  • ほるぷ平和漫画シリーズ1「禁じられた戦史」内の『飢えたガナルカナル島』『L島の五百人』(原作:千田夏光 劇画:いけうち・誠一)。少年誌で見た当時凄まじい衝撃を受ける。缶詰の蓋で切断した自分の尻の肉を食う…人肉を食うと肌がてかる…焼くとめだつので煮る…。人間の理性と狂気との葛藤!2015/7/30

  • …前ツイートで紹介の衝撃的な漫画の初掲載は'70年初の少年マガジンかサンデー。当時は戦争の悲惨さが盛んに語られてたが、国内被害が中心だったように私は思う。加害や被害の実態をより知ってくのは後年。今も学びは続く。
    …つまり、これからでも戦争の悲惨さを知り伝えていくことは可能なのだ。2015/7/30

  • @(略)(『ヒロシマ1967』は) ’67年刊のひばり書房の貸本「オール怪談79」掲載の作品ですね。(略)山上たつひこ氏の漫画といえば、初期SF短編集を読んだことがあります。
    朝日ソノラマ’86年版「光る風」第2巻に収録の、反戦短編漫画『回転』。これも傑作ですね。2015/7/31

  • 宇宙少年ソラン」のDVD-BOX1 左のリンク先は外部サイトついに発売!1~48話収録。後半が面白い。美少女シーラは27話。ギャラ、アンドロイド、ガルー、ガイバーも登場。拙サイトも参考に(略)2015/7/31