遊星面ファンサイト〔付録〕

管理人が語る、他のアニメや漫画について
ツイッター上での管理人の記述(3)


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


このページに掲示しているのは、2014年1月24日からの内容です。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


略する場合は(略)と記載。あからさまな誤字脱字は訂正。URLはほぼ削除か該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載。(重要箇所にはリンクや太字や色づけなどの処理も。)

頻繁に出てくる掲示板<アニメぶろぐなBBS>のスレは、現在では現在ではレインボー戦隊ロビン・ファンサイト【過去ログ集】ページ内に収納されています。

※【過去ログ集】ページのURLは、当サイト【リンク】ページ内のこちらに記載。


<2014/1/24>

  • 先日TVで、故大島渚監督のTVドキュメンタリー「忘れられた皇軍」(1963年)を見る。モノクロ版サイボーグ009の「太平洋の亡霊」同様、その余りにストレートすぎる描写は、ひと昔前ならう~んと唸るところだか、今は余りに新鮮。どちらも今こそ見るべき。真の戦争の実態を知るべきである。2014/1/24

  • 最近の感想(1)アニメ「鬼灯の冷徹」視聴中~。(2)今週の週刊モーニング掲載の「ハルロック」。作者はかの「犬神もっこす」の西餅さん。独自の作風は健在。笑~。(3)「乙嫁語り」6巻ゲット。こういう異文化民族色の強い作品は、宗教をも含めた人間の多様性を描きたい私にとって、貴重。2014/1/24

  • ある程度の年齢に達し、広い意味での糧を下さり、不自然でない死を迎えられた方であっても、「有難うございます、十分です、ゆっくりお休み下さい」とは、単純には言えない人がいる。★昨年亡くなられた漫画家のやなせたかしさん。子供たちにとっても私たちにとっても、その死はあまりにも悲しい…。2014/1/28

  • 「鬼灯の冷徹」。アニメもおもしろい! 作品を十分に理解している方たちがつくっておられます。2014/2/16

  • 映像作品は、古(劣)新(優)ではない。無声映画「戦艦ポチョムキン」(1925)を見よ!技術的にも素晴らしい。★アニメや特撮も同じ。ただ古い作品は見る機会が少。機会を作るにはリメイクやパロディで興味を沸かせるのも1つの手。特定キャラを使ってのCGパロディもある。(→次ツイート)2014/2/19

  • (前ツイートより→)初音ミクなど若年層が知ってるキャラを使ってのCG。作品継承という点でも1つの可能性が。例えばニコニコ動画に知り合いの方が投稿した映像をご覧あれ。(略)……結局、面白けりゃいいんですヨ!2014/2/19

  • ネットへの動画UPを推奨してるわけではない。違法は違法。ただ、知名度がないままでは著作権は発揮できないのではないかと。★それに日本のアニメは、日本にいる日本語のわかる人達だけのものではない。かつて他国語で見た人達のためにも、これから見ようとする海外の人達のためにも、英訳は必要。2014/2/20

  • 「鬼灯の冷徹」と共に「キルラキル」も物語終盤からながら視聴開始。アニメ雑誌に載ってたヒロイン流子の面構え(特に目)と描線が好みド真ん中だったため。★で、この作品のノリ、なかなかグッド。文字のツール化という、「リング」「エヴァンゲリオン」から流れる日本作品の伝統も、引き継いでる。2014/3/1


>>>このページの最初に戻る

<2014/3/8~>

  • 現在CS局のTBSチャンネル2にてアニメ「スーパージェッター」放映中。カラー&モノクロで。★放映当時の最先端のSF的知識に基づくハイセンスな絵と内容。明るく健全で全体のまとまりも良い。ただ同じ制作会社の同期の作品群に比べ、人や社会の屈折した部分の描写は少。それが個性でもあるが。2014/3/8

  • 物語の最終盤になって見始めた「キルラキル」。勢いある絵に、ムチャ血が湧き立つ~。★私はアニメ作品にもストーリーを何より重視するが……しかし本来アニメとは「動く絵」であることが基本中の基本中なのだ。それを強く認識させる作品である。2014/3/8

  • S40年代子供の私はアニメ「タイガーマスク」「デビルマン」に熱狂し、家で少女漫画誌を読む一方で、散髪屋で少年マガジンサンデーを読みあさった。当時のアニメや漫画には残虐シーン満載。血や死体沢山。しかし同時に溢れる内容の濃さが今の私の糧となった。
    子供の感性をなめてはいけない。2014/3/20

  • はだしのゲン」、またも回収騒ぎ。権力がとことん忌み嫌うなら、それだけ読む価値があるということだ。2014/3/21

  • 国内アニメの現状を包括的に把握するためには、ネット上での様々なサイトや書き込み以外では、BSフジで月1放映の「ジャパコンTV」を見るといい。最新放映内容は「AnimeJapan 2014」と、アニメ業界の最新情報について。タツノコマッドハウスHuluを抱えた日テレのことも。2014/3/29

  • 「キルラキル」終了。この世はワケわからないものがあってちょうどいいという、多様性を良しとするテーマ。ストーリーは王道的バターンを辿るも、設定と表現方法がGOOD。特に独自の文字演出が。絵も、時代に逆行するかのように歪み荒くマンガック。それが勢いある線とマッチングして私的には快感2014/3/29

  • アニメ「鬼灯の冷徹」。漫画同様好きすぎて、本放送見た後もニコニコ動画見てしまう50歳代のおばちゃんは、若い人たちの書き込みをながめながらニヤニヤしています。…全13話で終わりなんて、あまりに惜しい。第2、3期のアニメ化希望!2014/3/29

  • 私が揃えてる漫画『乙嫁語り』が、「マンガ大賞2014」の大賞を獲得。私の感性もまだまだ錆びてないなと自画自賛気味。★私が読みたい、何より描きたいのは、人間や社会の〈多様性〉。民族や宗教、嗜好や性向を描き分けられればいいなぁと。…そういう点からこの作品に惹かれたのかもしれない。2014/3/29

  • アニメぶろぐなBBS にてタツノコアニメ第1作「宇宙エース」についての記述開始。スレNo.1022〈宇宙エース視聴感想〉より。★私はCS放送で全話視聴済。前半は非常に良い。後半は「悪い宇宙人をやっつける」的になり…評価は分かれるはず。2014/4/2


>>>このページの最初に戻る

<2014/5/11~>

  • 宇宙少年ソラン」の漫画版が、ゴマブックスの電子書籍として発売開始。全4巻。⇒1巻左のリンク先は外部サイト2巻左のリンク先は外部サイト3巻左のリンク先は外部サイト4巻左のリンク先は外部サイト2014/5/11

  • 昨年「遊星仮面」のDVDを出してくれたベストフィールドさんが、今年は同じエイケン作品から「鉄人28号」のDVDをリリース。(略)★初DVD化ではないが、こうしたことを契機に「レインボー戦隊ロビン」の初DVDと「宇宙少年ソラン」の廉価版DVD発売に結びつけられれば幸い。2014/5/11

  • 「宇宙少年ソラン」全96話。脚本家間の連携不足で一部設定や用語に不統一が生じ、何よりシリーズ構成に問題を起こしてる。1つのシリーズ中に関係ない話が頻繁に挿入されてて視聴に支障が。★それが原因で作品の魅力が十分伝えられないなら不幸。見る順番を変えるなどの対策が講じられればと思う。2014/5/11

  • タツノコアニメ第1作「宇宙エース」については現在、掲示板アニメぶろぐなBBS にて、詳しい内容紹介が各話ごとにUP中。スレタイトルをご参考に。★私の感想については今年4/2のツイートに記載済。特に私的におすすめは第14話「人魚の歌」。2014/5/11

  • 前々々ツイートの訂正:「レインボー戦隊ロビン」初DVDではなく、”全話”初DVD化希望という意味でした。4話分のみ既にDVD化されてますから。★ホント、この作品はぜひ全話DVDすべき。アニメ黎明期の作品中、ある意味で最も、現在の作品の基礎となったと言ってもいい作品ですから。2014/5/11

  • 精神的疲労で報告が遅くなったが…「鬼灯の冷徹」第14巻ゲット済。アニメも出来良く漫画も変わらず面白い。★職場の隣のブックオフでは「進撃の巨人」の単行本の束が五千円ほどで。欲しいが今はムリ。(略)2014/5/29

  • 2005~6年に放映されたアニメ「蟲師」。今年は「蟲師 続章」が放映中。いずれも人物の絵は今風だが、背景となる自然は美しく残酷。淡々と静かに人間の性をえぐり出す。★後者。高橋留美子作「人魚の森」を想起させる第6話「花惑い」、私好みの人の生き方を示している第7話「日照る雨」など。2014/5/29

  • アニメ『蟲師 続章』より第10話「冬の底」。登場人物は主人公のみ。意思を持った山と、自然のプロともいえる主人公との言葉を介さぬ駆け引き。そして結局は、美しくも自然は、人の浅知恵など楽々と超えるのだ。…こうしたストーリーを創れ、見れることに、日本人である喜びと誇りを感じる。2014/6/25

  • “世の中には(コスプレする)私達のことをまるで別の生き物みたいに見てくる人もいるのよ?私はそんな人達に自分の世界を汚されたくない。理解なんて必要ない!”
    「モーニング」に連載中の『コンプレックスエイジ』より。…痛いほどわかる。分野は違えど同じ思いで私も50年以上生きてきた。2014/6/27


>>>このページの最初に戻る

<2014/7/31~>

  • @(略)ビッグX。私の手元には第11話「海の墓場」のフィルムストーリー(全73カット)を載せた特集記事の切り抜きが。'81年のアニメージュ掲載分です。
    この11話も今は無いというわけで…。確かにこのまま作品の全体像の検証ができないのは余りに惜しいです。2014/7/31

  • @(略)レインボー戦隊ロビンより。『例えそれが戦争を終わらせるためであろうと、命あるものに向かって核兵器を使うことは、絶対に許されない悪魔の行いなんです!』(略)←11話「マンモス空母の危機」。遊星仮面と同じく反戦作。2014/8/7

  • 会社への行き帰り&昼休憩中にアイフォンから聞くアニメ&特撮ソングは、くじけそうな私の心を支えてる。知ってはいても見たことなかったアニメの主題歌にもお気に入りを見つけた。'80年代ロボットアニメ。「亜空大作戦スラングル」「機甲戦記ドラグナー」どちらも前期「光速電神アルベガス」等。2014/8/20

  • 異世界ファンダジーだからライトノベル的だから若年向け、と決めつけるのには異論が。(略)恨みや憎悪の、倫理を越えた有り様(時に人を滅し時に人を生かす)は、人生をある程度経てこないと理解できない。その有り様は私の大好きな漫画『鬼灯の冷徹』の根底にも流れてる。2014/8/22

  • 今週の「モーニング」は『コンプレックス・エイジ』と実際のコスプレ制作が冒頭に。アニメや漫画は日本を代表する文化として認知されてきたが、コスプレに関してはまだまだ。その認識を改めるべくストーリーが大きく動き始めた。
    「絵が描けないから身体をキャンバスに」…私の場合は文章だ。2014/8/22

  • 今の職場にも影響を広げてる『妖怪ウオッチ』。アニメ第1~6話までを早送りもしながらザッと見てみた。…なるほど、これは受けるわ。友情・仲間・道具の王道3点セットに、個性的なキャラ満載。人間と妖怪という鬼太郎的2次元世界ながら、退治ではなく共存と調和を求める。何より絵がかわいい!2014/8/23

  • 今大人気の『妖怪ウオッチ』。アニメは、日本アニメの伝統を引き継いだ王道的作品となっている。何より絵が日本アニメそのものであることが嬉しい。世界を席巻しようとしてる外来の3Dアニメに負けないでほしいと思ってる、私的には。さらに私的には「アホの子」ジバニャンが可愛くてたまんない。2014/8/23

  • 今人気の艦隊これくしょん艦これ)。戦争の悲惨さを遊びにするなどと眉をひそめる人もいるが、私は全くそうは思わない。コレはこれ、それはそれ。(略)要は、戦争の悲惨さを伝えるための、とっかかりの1つであればいいのでは?2014/8/30


>>>このページの最初に戻る

<2014/9/1~>

  • @(略)私は放映時4、5歳で、当時の記憶はほとんどなく、'90年代アニメと共に全話見ました。遊星仮面を含めた初期TVアニメは確かにアバウトな面が多いですが、今では描けない部分も多いです。戦争やその後の貧困を経験した世代の作だけに、子供の感性に響く部分も多いと感じてます。2014/9/1

  • Eテレで放映中の『ニッポン戦後サブカルチャー史』は面白い。ただ…一言「サブカル」と言っても網羅すべき対象は膨大。私などは、アニメや漫画をもっと取り上げてほしいなと思ってしまう。…いや、それらはまだいいのだ、声をあげる人が多いから、忘れてはいけないのは'50年代からの貸本文化だ。2014/9/7

  • 世界に誇る日本のアニメ漫画文化は、手塚治虫氏を中心にしたいわば日の当たる流れからだけで形成されたのではない。'50年代からの、いわば日陰に流れてた貸本漫画文化もあってのことだ。そこでは、人や社会に潜む闇、その残酷さ無残さ、差別や貧困が容赦なく描かれていた。既に成人向きだった。2014/9/7

  • 毎月9日は総合アニメ雑誌3誌の発売日。「アニメージュ」「Newtype」「アニメディア」。今でもザッと立ち読みするが、残念ながらそれだけ…。アニメを見てる暇がないのだ。見れれば今でもそれなりの評論ができるはずだが、限られた時間どうしてもニュースやドキュメンタリー優先になる。2014/9/10

  • ブラジルには著作権保護が及ばないのか、色々勝手に日本アニメがDVD化されてるような…。(略)思うにブラジルのアニメファンへの配慮が足りないからではないのか?2014/9/27

  • やむをえず違法な形を取らないと、海外の人たちに日本のアニメの隠れた名作を紹介できないなんて……あまりに文化的に貧弱すぎやしないか?2014/10/6

  • 先日やっとアニメ「進撃の巨人」第1話を見る。確かに凄い。特に背景、特に空の描写が素晴らしい!(略)2014/10/9

  • 漫画『寄生獣』。現在アニメ化や映画化などでいろいろ展開をみせている…。この作品は、サイトにも載せてるとおり、私の大好きな作品のひとつである。客観的にみても、日本漫画の金字塔のひとつだと断言できる。人間をとことん描いた作品として。2014/10/16

  • アニメ『進撃の巨人』、Dlifeにて第3話まで視聴…。映像作品の評価は、映画を見る感覚でないと出来ない――つまり、感想は全部見終わってからでないと書きたくないし書けない――そんな体質の私にとって、今言えるのはただ一言:このように緊張感に満ちた作品は実に好みだということだ。2014/10/25


>>>このページの最初に戻る

<2014/10/25(2)~>

  • 寄生獣』を日本漫画の最高峰の1つと考えてる私は、アニメ「寄生獣 セイの格率」も見ざるをえない。見逃した第1話は今日ニコ動で視聴。★これでこの10月から見るアニメは4本に。新作は上記と「蟲師 続章」「おじゃる丸」。それと新作ではないが「進撃の巨人」。…視聴時間確保が大変だ。2014/10/25

  • 「シリーズ1964 第3回 若者が文化を生んだ時代~「平凡パンチ」「ガロ」創刊~」がやっとNHK総合大阪で放送。★ガロや、白土三平つげ義春や、彼らを生み出した貸本漫画文化は、当時を知らない私が今見ても凄い。それらは今の日本漫画の偉大な礎として次代に伝えるべきだと、改めて感じる。2014/10/25

  • 傑作モノクロアニメ「レインボー戦隊ロビン」。今最も急がれるのは全話DVD化。その目的のためにもファンは世間にもっと効果的にプレゼンすべきでは…?
    今や企業の中核を成すのはこの作品を知らぬ世代。彼らに、やっかいな著作権問題に対峙してでもDVD化は意義あり儲かる、と思わすことが重要。2014/11/7

  • 現職場は小売業で流行に敏感。今年は「妖怪ウオッチ」関連グッズ。まもなく45周年記念「ウルトラセブン」関連グッズも。…昨年には類似業者が「サンダーバード」起用のCMを。しかし30歳代社員にはその意味理解できず。
    過去の作品を残すためには、今や彼ら世代への効果的プレゼンが必要かと。2014/11/7

  • アニメ「寄生獣 セイの格率」第3話まで見たが…演出が軽すぎる印象。映像も、あと10年もたてば古臭くなる類のような…。
    原作漫画では、人間や人間の心というものを、主人公の心理描写を通し丁寧に描いてる。モンスターの存在は、ある意味それらを表現するための大規模な仕掛けにすぎないのだが。2014/11/8

  • (略)男子テニス「ツアーファイナル」で、日本選手として初出場し、今日現在準決勝にまで進んだ錦織圭選手、漫画かアニメの「宇宙兄弟」をしっかり見てるのでは~?
    登場人物のひとりの日々人(ひびと)くんが月で放った「イエーイ」と、錦織選手が書いたサイン「いぇい」。2014/11/14

  • 今度こそ漫画『進撃の巨人』全14巻を大人買いしたい!(略)アニメも出来がいいし、当然漫画は読むべきと血が騒ぐ。
    …で、今日は『鬼灯の冷徹』第16巻ゲット。どんなに窮乏しても漫画やアニメにはしがみついていたい。2014/11/21

  • 漫画雑誌「モーニング」。『鬼灯の冷徹』江口夏実『ハルロック』西餅など女性新人作家の伸びがいい。今注目は『コンプレックス・エイジ』佐久間結衣。顔のアップを使う丁寧な感情表現と、ドラマ性を高めるコマ割りが、王道的にうまい。ある種特殊な世界を描きながら普遍的な共感を読み手に与えてる。2014/11/21


>>>このページの最初に戻る

<2014/11/24~>

  • http://togetter.com/id/nanashiborge←私が推奨しています。(←現在このサイトは削除2014/11/24

  • (略)秀逸なロボットアニメ史を(略)宣伝しますね。https://sp.ch.nicovideo.jp/nanashi-a-ichirou/blomaga/ar672345(←現在このサイトは削除2014/11/24

  • 上村一夫。『同棲時代』等で知られる一世を風靡した漫画家。当時の漫画家にも多大な影響を与えたはず。…私は彼の活躍時は子供で、作品は殆ど読んでないので詳細を語ることはできないが…。 私が日本漫画の頂点の1つと考える『寄生獣』の作者、岩明均はアシの1人。単行本『骨の音』でそれがわかる。2014/11/27

  • 今日のNHKーFM「アニソン・アカデミー」は宇宙アニソン特集。用事しながらネットで聞く。…で、私的に大ウケしたのが特撮「超人機メタルダー」OPの現評価。説教ソングと呼ばれてるらしい…。この曲についてはかつて、BSプレミアム「熱中スタジアム」で編曲担当の田中幸平氏が熱く語ってた。2014/11/29

  • 私が、日本漫画の頂点と考えている漫画には、『寄生獣』のほかにも、『光る風』(作:山上たつひこ)と『石の花』(作:坂口尚)がある。どちらも今見るとあまりに新鮮、というか、今こそ見るべきではないか?!人間と社会のありさまを痛いほど突いてるだけに。2014/12/5

  • 黎明期TVアニメ(略)「遊星少年パピイ」がネット配信サイト videomarketに登場!(←2020/12、配信終了(略)2014/12/6

  • 黎明期TVアニメ「レインボー戦隊ロビン」もネット配信中。(略) 同時期SFモノクロアニメの中では、009と並びいまだに根強いファンの多い傑作。なぜDVDが出ない?2014/12/6

  • TBSオンデマンドにあるエイケン作品はエイトマン、スーパージェッター、ばくはつ五郎。宇宙少年ソランは無い…。話数が多く、重要ヒロイン登場が26話で、1シリーズ内に別の話が点々と挿入されてて見ずらい、にせよこのままでは正当な評価が…。2014/12/6

  • (略)「エイトマン」をDVDにするなら、同じTBSつながりで、再評価が必要な「宇宙少年ソラン」を廉価版でやってほしい。それに、作品評価も高くファンも多い「レインボー戦隊ロビン」をぜひ。2014/12/9

  • 「宇宙少年ソラン」は、生まれた国と育った国の2つの祖国の間で苦悩するヒーロー。生まれた国では超人であるがゆえ、常に怖れられ疑われる。異形としてもろに迫害を受ける描写は、後の作品でのそうした描写と何らひけをとらない。全96話を丁寧に見ればわかる。特に第50話「平和の誓い」は必見。2014/12/10

  • (略)前のツイート「宇宙少年ソラン」についての内容訂正:“常に怖れられ疑われ”ではなく“時に怖れられ疑われ”の間違い。(略)
    ただアニメでなく漫画版の場合は、“常に怖れられ疑われ”が当たってる。そういう傾向の作品なのだ。2014/12/10


>>>このページの最初に戻る

<2014/12/10(2)~>

  • 初期TVアニメ作品の評価は思い出だけで語られることが多すぎる。私的に言えば、悪いけど余計、場合によっては邪魔。正当な評価を妨げてるケースが多いからだ。放映当時見てたとする50代より、ココでアニメ論を展開しておられる20代の若者の方がはるかに的確な指摘をしてるのが、現状でもある。2014/12/10

  • 掲示板・アニメぶろぐなBBSでは現在、タツノコプロ制作TVアニメの第1作「宇宙エース」の視聴感想を継続掲載中。全52話中第26話まで進んでる。作品は、思い出ではなく、ちゃんと見て評価されなくてはいけないとの姿勢が、ここにはある。2014/12/10

  • アニメ「進撃の巨人」第10話まで見る。…面白い!内容もだが、絵にも演出にも効果にも勢いがあり、経年に耐える創り方をしている。こういう尖がった内容の、見る者の心を容赦なくえぐる作品は、’60~70年代のアニメや漫画や特撮作品によくあったが、それが今なおウケることに喜びを感じる。2014/12/13

  • 内容が尖がってて見る者の心を容赦なくえぐる作品は、いつの時代にも存在するが、自己検閲が少なかった時代の方が多かったはず…。今世紀のアニメは殆どまともに見てないので有名どころしか知らないとはいえ、「鋼の錬金術師第一期と「魔法少女まどか☆マギカ」は、私的にはそういう作品に当たる。2014/12/13

  • レインボー戦隊ロビン」。今度はGYAO!にてネット配信。ビデックスJP、DMM.comに続き、3つめ。(←2016/1現在、全て配信終了20141215

  • 今発売中の「宇宙少年ソラン」の電子書籍の扉絵。おそらく漫画版作者宮腰義勝さんが晩年に描かれたものだろう。絵に拒否反応を示す人はいるだろうが、アニメ版でのある事件に不本意にも巻き込まれ、その後もおそらく不遇のまま人生を終えたであろう1人の漫画家の人生に思いをはせ、読んでほしい。2014/12/23

  • 今日書店で、今月発売の『日本TVアニメーション大全』なる重い本をムリやり立ち読みする。バツが悪かったのでほんの1、2分目を通しただけだが…。(略)2014/12/24

  • (略)『寄生獣』の作者岩明均さんを特集した「ユリイカ」を買ってしまった…。2014/12/27

  • (略)今朝の6時過ぎまで『進撃の巨人』15巻まで一気読み。12巻まではメチャ面白かったが…。最新内容は、陰謀や策略入り乱れての閉鎖空間での人類のあがき。私的には好みのテーマ。展開途中なので論評は避けるが、各キャラへの愛よりあくまで俯瞰を貫いてほしいと思う。2015/1/2