遊星面ファンサイト〔付録〕

管理人が語る、他のアニメや漫画について
ツイッター上での管理人の記述 13


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


このページに掲示しているのは、2018年9月4日途中からの内容です。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


略する場合は(略)。あからさまな誤字脱字は訂正。URLは削除するか、該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載しています。

記載している作品に関する詳細等は、お手数ですが、皆様方それぞれでお調べいただくようお願いします。

>>>このページの最初に戻る


<2018/9/4(2)~>

  • 進撃の巨人』44(3期7)話:
    前半はアクション。巨人と戦う為の武力が、同じ人間を殺す為に使われる…。
    後半はヒストリアとエレンの葛藤。エレンは父の罪と父殺しの事実に激しく憔悴。ヒストリアは実父から、巨人化しエレンを食べて王としての知恵を受け継ぐよう迫られるが、最終的に彼女は拒否。2018/9/4

  • ここは原作でも特に印象的なところ。ヒストリアは叫ぶ。「何が神だ!都合のいい逃げ道作って都合よく人を扇動して!」「巨人を駆逐するって!?誰がそんな面倒なことやるもんか!むしろ人類なんて嫌いだ!巨人に滅ぼされたらいいんだ!」「つまり私は人類の敵!わかる!?最低最悪の超悪い子!」2018/9/4

  • 王家の庶子で「いらない子」扱いされ、母は殺され…。長年会ってなかった父からいきなり、人類の為に神になれ・王の力を継承しろ、と諭されても胡散臭くもあり…。
    エレンの絶望的な「オレはいらなかった」と、ユミルの遺した「胸張って生きろ」で覚醒し、彼女は自分を生かす道を選び、エレンを助ける。2018/9/4

  • 最初は、人間対巨人というセンセーショナルなシチュエーションと、容赦ない残酷シーンから話題になったとは思うが……
    じつは『進撃の巨人』、人間社会や集団というマクロと個々の人間というミクロ、その両面から描かれる奥深さをはらんだ作品なのである。2018/9/4

  • BANANA FISH』10話:
    今回も非常に良い。ラストがある意味決まっていた。
    アッシュによる最大限の怒りの表現(親友の無残な遺体を焼く炎)と、事態を理解しつつそれを絡みとろうとする月龍(ユーシス)の慎重なる動き…。
    これで英二がもう少し個性的であればね…。2018/9/10

  • 深夜!天才バカボン』9話:
    前半では、現実を漫画の中に持ち込んではいけないとし、後半では、実際に現実を持ち込めばどうなるかと、絵をリアル化し数年後の世界を表現…。
    なかなか高みに達してきてる。後半は『劇画・オバQ』を彷彿とさせるが、ラストはいつもの「これでいいのだ」でシメて感動。2018/9/10

  • バカボンをハジメちゃんが「兄貴」と呼び、2人がパパのことを「親父」と呼ぶ…。
    私には男きょうだいがいないからか、なんかこういう関係にはジンとくる…。2018/9/10

  • 100分de名著スペシャル「100分de石ノ森章太郎」:
    内面の読めないヒロインの衝撃『さるとびエッちゃん』。(ヤマザキマリ氏の見方すご…。)
    こんなに興奮してる名越康文氏を見たことがない!『サイボーグ009』『幻魔大戦
    アニメも流してくれて有難う!『佐武と市捕物控』BY夏目房之助氏2018/9/10

  • (略)若い世代(宇野常寛氏)からは、「石ノ森章太郎氏は偉大なるコンセプター」との論。今も続く『仮面ライダー』DNAを産み出した功績だ…。
    竹宮惠子氏と島本和彦氏もインタビュー映像にて登場。竹宮氏は『マンガ家入門』をイチオシ。2018/9/10

  • 私はじつはそれほど石ノ森章太郎氏の漫画を読んだことはないのだが、この方の詩情溢れる人物間のやり取りには、感銘していた…。
    番組内で言ってた、「……」を使った表現が多いとは、たしかにその通り…。
    それに視線の妙も。ワクを横長に並べ、→ ← とくる視線の流れだ。(わっかるかな~?)2018/9/10

  • アニメ『佐武と市捕物控』については私もツイッター上で何度か言及。
    https://twitter.com/ohyabu/status/810472728402808833左のリンク先は外部サイト https://twitter.com/ohyabu/status/812630445640683520左のリンク先は外部サイト
    こちらもそう。会話先のツイートが削除されてるが…。
    https://twitter.com/ohyabu/status/810754004183461888左のリンク先は外部サイト https://twitter.com/ohyabu/status/810784382470340608左のリンク先は外部サイト
    (ツイッター上で言及している)1話とは、本来は2話だった『三匹の狂犬』。3話は『般若』。2018/9/10

>>>このページの最初に戻る

<2018/9/15~>

  • ’16年のアニメ映画『この世界の片隅に』に、リンさんのエピソードなどを加えた長尺版『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』、今年12月公開!
    原作にありながらやむなくカットされたシーンの復活!(略)2018/9/15

  • すずさんもですが、リンさんも……いいです!
    彼女の話がきちんと映像化されるのは、本当にうれしい!(←原作ファンの思い)(略)2018/9/15

  • BANANA FISH』11話:
    10話の感想で「英二がもう少し個性的であれば…」と書いたが……そもそも英二とはそういうもの、癒しの権化だったというわけか。(原作読んでないので知らなかった。)
    アッシュと英二の心の交流がメインの静かな回だが、緊張感はある。アッシュは静かに反撃の狼煙をあげるのだ。2018/9/18

  • 深夜!天才バカボン』10話:
    前回の続き、リアルバカボンの話から始まるが、すぐに中断。神経質な大人に成長したハジメのエピソードのその後は…?
    タイムマシンに乗って見るは30年後の世界。’60年代アニメから見た未来描写に似てる。『スーパージェッター』『未来家族ジェットソン』的なノリに。2018/9/18

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期24話:
    子供にはわかりにくいかもしれない。これって理路整然とはならない人間の心を映したお話。
    好きなものは好き、信じたいものは信じたいと、そう思うのが人間だし、貫くのも人間。貫くことで結果が変わる可能性も。それが人間というものだ。…マジ大人向きの内容である。2018/9/18

  • 6期のねずみ男は、非常に人間くさいというか、深いわ…。
    他には……子泣き爺と砂かけ婆による「(ドヅキ)夫婦漫才」が面白い!2018/9/18

  • 進撃の巨人』45、46(3期8、9)話:
    抜群の作画回。巨人化したロッド・レイス(ヒストリアの父)の映像が凄すぎ!
    巨人化の薬を飲み込んだ結果、腹ばいになって動くことしかできない超巨大な体に。人の群れに反応する知性無き化け物に…。
    体を起こせば現れるは人体の断面。ぶちまかれる内臓…。2018/9/18

  • 風の谷のナウシカ』の王蟲のごとき超重量でゴゴゴと地面を這い…。
    壁沿いに体を起こした時のエグさは、アニメのナウシカでの巨神兵のごとく、臭いと熱まで感じ…。
    ともかく、漫画原作での描写を超える、圧倒的なキモさと存在感!!!
    原作を超えた作画の凄さは、この巨人を倒すシーンにも表れてる。2018/9/18

  • 爆薬で巨人を破壊。しかしうなじにいる人間をそのままにしてては復活する。巨人を完全に滅する為に、飛び散る肉片めがけ、調査兵団は立体機動で四方八方から飛びかかる。この映像が凄い…!
    そしてヒストリアは、父が潜む塊を見つけて斬って自らで決着をつけ、民衆の前で次期王としての宣言をするのだ。2018/9/18

  • 間違いそうになるが主人公はエレンである。彼の葛藤の描写もなかなかいい…。
    アニメは漫画に忠実なようでいて、若干変えている。台詞も一部変わってる。でもそれはそれで効果的になってると思う…。
    次回は、私の好きなエピソードでもある、ケニーの回想。人間の複雑さを見つめた深遠な回でもある。2018/9/18

>>>このページの最初に戻る

<2018/9/18(2)~>

  • 「グレートメカニックG」2018秋号にて、アニメ評論家・藤津亮太氏が’60年代アニメより、『遊星仮面』、『ゲゲゲの鬼太郎』の「妖花」、『サイボーグ009』について記述。
    プロの方にここまできちんと評して頂けたのは殆ど初めて。(略)2018/9/18

  • TVアニメ「アンゴルモア 元寇合戦記」。
    見逃した!これは見ておくべきだった!
    1話を探してるけど、今さらどこにもないよ~!!(略)2018/9/22

  • 「アンゴルモア 元寇合戦記」1話、探しだした!
    面白い!
    舞台は対馬。蒙古が襲来するかもしれないとの情報で、島を支配する宗氏は、鎌倉幕府承諾の上で流人逹を集める。その中には、坂東武者で元御家人で圧倒的武力を持った朽井迅三郎もいた。
    やがて蒙古・高麗軍の大軍団が島に向かうとの情報が。2018/9/22

  • 『アンゴルモア 元寇合戦記』、放映済11話まで視聴完了!(略)2018/9/24

  • 歴史秘話ヒストリア「蒙古襲来の真実 鎌倉武士 最強の秘密」:
    アニメ『アンゴルモア 元寇合戦記』を紹介。初めて対馬と壱岐での被害の詳細を知った次第。
    アニメはその斬新さに驚き、ネットで調べて一気に視聴。感想は別ツイートにて…。(略)2018/9/24

  • BANANA FISH』12話:
    悪魔の薬BANANA FISH。登場人物の殆どが男。マフィアといった闇世界や、政治的駆け引きや、殺傷も頻繁に行われるのに、この作品の原作が連載されてたのは、少女漫画誌である…。
    今回は、お話的には「過程」にとどまる内容だが、アッシュと英二との絡みが女性達の心をくすぐる。2018/9/24

  • 深夜!天才バカボン』11話:
    この作品って実際の有名人を大勢出演させてるけど、10年後にはその人達こと世間覚えてる…?
    お話は今回も正統派的つくり。そもそもこの作品、いろいろ実験してても原作からは逸脱してない印象が…。
    さらに今回は兄弟愛。ハジメちゃん、優しいお兄ちゃんで良かったね。2018/9/24

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期25話:
    怖!「スマホを使い過ぎると呪いが~」とあそこまで念仏的に連呼されたらガキども竦むぞ~!
    呪いといってもその由来は、憎悪から、いじめから、遊びからと様々。
    それでも闇は闇。そうした闇が跳ね返って来た時の苦しみに気づけば立ち止まれるが、わからずにいれば…。2018/9/24

  • 匿名だから跳ね返ってこないと思い込み、そうした闇をリツイートしまくる輩が今大勢ネット上にいることへの警鐘だろうか…。2018/9/24

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期25話:
    誰も呪えない!と、呪う相手を自分に差し替えたまなちゃん、けなげ…。
    鬼太郎とねこ娘のツーショットの戦闘アクション、めちゃカッコいい!
    ねこ姉さん、壮絶なる爪の威力!超絶強くてカッコいい…!
    2018年仕様のスマホとアプリ。これって時代を超えられる?2018/9/24

>>>このページの最初に戻る

<2018/9/24(2)~>

  • 進撃の巨人』47(3期10)話:
    特異な血族の末裔ながら暴力の中で生きてきたケニーと、人々を操作し平和を構築する宿命を背負った王ウーリ。性格も立場も真逆なはずの2人は生涯の友に…。
    死を前にして亡きウーリを追うケニーの心は、美しいBGM、或いはBGM無しでの彼の独白の中で展開される。2018/9/24

  • ウーリの力は、ヒストリアの異母姉フリーダに彼自身を食べさせることで正当に引き継がれたが、彼女は王族ではないエレンの父に食べられ、その父を食べたことによって今ではエレンの中に…。
    友が見てた世界は何だったのが、それを知りたくてケニーはエレンを食べようと?そのあたりはよくわからないが。2018/9/24

  • 少なくともそういう行動は表向きはしてない。
    力が欲しいとの思いを噴出させつつ時期を待ってた?それともどこかに躊躇する思いが?
    だから最期に言ったのか…「みんな何かに酔っぱらってねぇとやっていけなかったんだな。みんな何かの奴隷だった。あいつ(ウーリ)でさえも…」少しは友に近づけたと。2018/9/25

  • チンピラな殺人鬼を装うウーリは、実は情深い人間だったのだろう。部下達から慕われたのもその為だろう。
    妹を愛してたからこそ甥のリヴァイを育て、彼に全てを託して逝ったのだ…。
    その後ヒストリアはエレンを食べることなく(王の力を得ることなく)、代わりに民衆の心をつかんで正当な女王となる。2018/9/25

  • 『進撃の巨人』47(3期10)話:
    ともかく、ケニーとウーリの「友情」は、なんとも切なくて心が熱くなる。
    利害はない、BLではない、なんともいえない2人の人間の心のハーモニーを、どう表現していいかいまだわからない…。2018/9/25

  • アンゴルモア 元寇合戦記』1~11話:
    日本が他国に「侵略した」は日中~太平洋戦争にて。「地上戦」は沖縄などにて。他国からの「攻撃」は、太平洋戦争末期での空襲など…。
    「攻撃」どころでない、他国から「侵略され」「地上戦」となったは元寇の時のみでは?
    その最前線に置かれた対馬が舞台。2018/9/25

  • 大陸でなら頻繁に起きてきた「侵略される」事態、「侵略」に対抗する為の祖国防衛戦……そうした、小説や漫画やアニメなどのフィクションでしか想像してこなかったことが実は過去にあった。それを掘り起こしたことがおそらくはこの作品の最大の魅力。
    それもナショナリズムを煽る方向ではないのが好感。2018/9/25

  • 2つ前のツイートについて、追加。
    じつは元寇のあとも、高麗・李氏朝鮮による侵攻があり、対馬は危機にさらされた…。
    ご指摘ありがとうございます。(略)2018/9/25

  • (話を戻す)残酷シーンは多いが、防衛戦だから余り残酷さは感じない…。
    また、過剰なナショナシズムも感じない。主人公が流人だからだろう。一歩引いているのだ。
    対馬防衛、日本防衛との大スローガンはない。代わりに、自分達の生き方への問いかけになってる。それが視聴者への共感を呼ぶのだろう。2018/9/25

  • 『アンゴルモア 元寇合戦記』1~11話:
    物語最初から感じてる、待ち受ける悲劇性への緊張感。対馬がその後どうなったかわかってるからだ。
    キャラがどんどん死んでゆく。この緊張感は昔の作品にはよくあった。最近の作品にはあまり感じてこなかったので、ある意味懐かしい…。
    最終12話はどうなる?2018/9/25

  • 『アンゴルモア 元寇合戦記』に追加~
    主人公の朽井迅三郎(くちい じんざぶろう)の甲冑姿、めちゃかっこいい!
    安徳天皇、生き延びて登場!ヒロイン輝日姫(てるひひめ)はひ孫。いったい何歳?
    この設定は今のところ、彼女にカリスマ力をもたせるのに多少役立ってるぐらい。他にも何かある?2018/9/25

>>>このページの最初に戻る

<2018/9/25(2)~>

  • 進撃の巨人』47話の感想が、自分の感情をどう表現していいか定まらずに、すごぐ時間がかかってしまった。(結局表しきれないままになってしまった…)
    『アンゴルモア 元寇合戦記』は、11話までの一挙感想だったので、その分書きたい内容が多くて、まとめるのに時間がかかってしまった。2018/9/25

  • 鬼灯の冷徹』第27巻と『おそ松さん』第7巻ゲット!(略)2018/9/25

  • 青少年アシベ』17話、pixivコミック(無料)にUP
    スガオ君の父方の祖父登場!亡き妻のダイヤの指輪を賞金にボーリング大会を何回も開催する見た目もクレージーな爺。スガオ君はチットちゃんの為に、スガオ君のママは嫁の権利だと母親仲間から煽られ、出場決定。試合は次回。2018/9/25

  • スガオ君の妹アミルちゃんはおじいちゃんの存在を知らなかった…。
    それほどまでに1人勝手気ままに生きてるマイペース爺らしい。そのマイペースさは息子に受け継がれてるが、孫のスガオ君には…?
    彼はチットちゃん一筋。そして超絶カッコイイ!
    青少年アシベではなく青少年スガオでは?と思える程に2018/9/25

  • 深夜!天才バカボン』12話(最終回):
    この回を含めた総論になるけど、作品の色というか傾向には統一性があって、原作のスピリットにも合ってたと思う。
    ただ時事ネタが多すぎ、時代を超えられるかどうか…。
    何より、ここでのいろんな実験を面白いと思うかどうかは人それぞれ。好みはあるよね。2018/9/30

  • アンゴルモア 元寇合戦記』12話(最終回):
    朽井迅三郎は海に落ち、輝日姫は従者に仮死状態にされて隠され、どちらも戦線から離れてた為に助かるものの、それ以外のメインキャラ達の殆どが殺されてしまう。
    歴史上そうだから仕方ないが、それでも希望はある。生き残った者(モブ)逹がいるからだ。2018/9/30

  • 朽井は、戦いの意味と目的を全て自らの為のものとした。命奪われる時にも後悔が生まれぬよう「一所懸命」にと…。
    愛国的観点から言えば「愛する国や家族を頭に浮かべずに何言ってんだ?」かもしれない。しかし朽井の「一所懸命」は、結果として民衆を守り、1人でも生かすこと、命を繋げることへと…。2018/9/30

  • 祖国防衛戦であっても、目的や意義をその高みだけに置いてては、迷いや後悔が生じるのではないか?
    後の世にそのように脚色され美談化されてしまうことも多いだろうが……実際には自分の為、家族や知っている人達の為に戦ってるのではないか?
    その際「1人でも生き残れば勝ち!」だと念ずれば、強い!2018/9/30

  • 『アンゴルモア 元寇合戦記』:
    この作品の注目点は、敵の描き方にもある。
    やってることは非道だが、1人1人ちゃんと人間として描いてる。濃いキャラもいるし…。
    様々な民族が入ってて、それぞれに服装が違ってて、戦い方も違ってることを、きちんと描いてる。
    内紛寸前になる事態もあったりして…。2018/9/30

  • 『アンゴルモア 元寇合戦記』:(略)この作品によって、元寇時の対馬と壱岐の被害の酷さを知ることができた。それだけでも大大感謝である…!
    原作では博多編が始まるとか?2018/9/30

>>>このページの最初に戻る

<2018/9/30(2)~>

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期26話:
    男と付き合ってることがバレ「お母さんを裏切ったわね」それに汚らわしいに近い言葉を、私も中3時に言われた。
    汚らわしいに近いことはさらに、30過ぎて今の夫とのことを言いに行った時に言われた。いわゆる「新品」でないことを知って…。
    まさに自分の母親がいた…2018/9/30

  • 母と娘の闇が描かれてるこの話、災い転じて互いの気持ちの共鳴する部分を見つけたわけだが、それは互いの別れと自立を意味してた?
    互いに別々の道をゆく意味深なラスト。そしてどちらも男を切り捨ててるのか?
    (娘に好意を持つ男、いきなりキスしちやアウト! 母に好意を持つ男はひどく凡庸そう…)2018/9/30

  • 娘が母に刃物を突きつけるシーンに共鳴してしまった自分が怖い…。
    そう、私はそんなことしたくなかったから(自分が怖くて)家を出たんだよ!それから4半世紀以上母の声を聞くこともなく…。
    実際にはこの話のようにうまくまとまるわけではない。
    あ~ダメだ!鬼太郎26話、客観的にはなれません!2018/9/30

  • 10月からの新作アニメ/私の視聴予定分:
    進撃の巨人』3期
    『ゲゲゲの鬼太郎』6期
    ゴールデンカムイ』2期
    BANANA FISH
    ラディアン
    からくりサーカス
    おじゃる丸
    少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん
    再放送/録画のみ:
    おそ松さん』2期
    ……視聴時間確保が大変!2018/10/7

  • アニメというなら『びじゅチューン』も必ず見てる…。
    私の世代なら『ヤマト』。でも私は始祖の作品から見てない…。なので『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』はキャンセル。気になる方はご覧あれ…。
    アンゴルモア 元寇合戦記』の保存版収録は、第1話の録画失敗にて今回はキャンセル。2018/10/7

  • 視聴予定の『ラディアン』は、以前に紹介してる。原作はフランスの漫画だ!2018/10/7

  • 『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』 81話「激ウマ!チャーハン選手権」:
    演出も内容も、原作超えて飛び跳ねてるわ~。でもキャラに揺らぎはないのよね。2018/10/8

  • 『おじゃる丸』21シリーズ
    第32話「マコマコ7」:
    ラブラブなカズマの両親が、異世界で敵対するスパイに。戦いのなか突如「結婚しよう!」→ウエディング!……脱力しかねぇwwwww
    第33話「パワーすいとりからくり」
    サビた釘にまで惚れる電ボ。「ハイふられました」の連発が笑うwww2018/10/8

>>>このページの最初に戻る

<2018/10/8(2)~>

  • BANANA FISH』13話:
    う~ん、国家やマフィアや政治といった大枠を外せば、狭い世界での殺し合い・縄張り争奪戦にしか見えないんだよね~。
    申し訳ないが今回はこれ以上の感想は出てこない…。
    気になるのは、シンのアッシュへの感情だ。ショーターをアッシュが殺した理由をどこまで察してるのか?2018/10/8

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期27話:
    難民移民の問題や多様性の必要を投げかけるまでは良かったが、対象者をヤバい印象のまま全員退かせては、尻すぼみどころか逆効果になった感が…。
    ただ今回メインはそこではない。西洋妖怪によるいわば侵略。そのきっかけについてだ。
    美しい魔女姉妹の仲違いも絡み…。2018/10/8

  • 進撃の巨人』48(3期11)話:
    特別な人間でなければ世の中を変えられず、何もなしえず認められず、おそらくは生きてく価値もない。
    そういう問いかけに、幼いわが子エレンを抱えたカルラは応える…。
    彼女の言葉がラストに。BGMの効果もあり私達の心を強くゆさぶる。
    その台詞は次ツイートに。2018/10/8

  • 「特別じゃなきゃいけないんですか?私はそうは思いませんよ。少なくともこの子は偉大になんてならなくてもいい。人より優れていなくったって…。だって……見てくださいよ、こんなにかわいい。だからこの子はもう偉いんです。この世界に生まれてきてくれたのだから」
    世界がいかに残酷でも母の愛は…。2018/10/8

  • 彼らの世界がいかに残酷かは、話が進むごとにわかってくる。
    それでも、継承するものがあり、継承されることがわかっているから、希望は棄てない…。
    世界は単純なものはないが、普遍なものはある。ここまで人間と社会の有り様を問いかける作家・諫山創氏はすごい。アニメスタッフもそれに応えてる。2018/10/8

  • Eテレ 香川照之の昆虫すごいぜ!5時間目「ハンミョウ」:
    BGMに使われていたのは(略)『帰ってきたウルトラマン』の、いわゆる「ワンダバ」だ。2018/10/9

  • BANANA FISH』14話:
    第2クール突入。敵対する相手とその仲間をほぼ殺し、自分も重傷負って病院に収容されたアッシュ。彼を巡り愛憎と欲望と政治的野望が動く…。
    こういう大きな流れのある方が私は好きだ。トラウマを基盤にしてたとしてもね。
    で、今回目立つのはアッシュの天才性。頭良すぎ!2018/10/15

  • からくりサーカス』1話:
    藤田和日郎氏は好きな作家だが、この原作は読んでない。だから原作との比較はできないので、ご了承を。)
    莫大な遺産を相続した少年・勝と、正義感溢れる拳法使いの鳴海と、若く美しい女性で人形使いの「しろがね」。
    不気味な人形達が効果的で、なかなかの出だしだ。2018/10/15

>>>このページの最初に戻る

<2018/10/15(2)~>

  • ゴールデンカムイ』13(2期1)話:
    いきなり超ド級の変態の登場だよ!死人の皮をはぎ、着込んで少女漫画的効果の中でルンルン♪し、自分がはく製にした人間逹の声が聞こえる(特に母親の)という江渡貝くん。
    彼の心を解し、合わせてあげるレギュラーの鶴見も、ボソボソ独自に動く月島もヤベぇ2018/10/15

  • ヤバすぎるが、面白い!
    変態達はどこか純朴なトラウマ持ちだから憎めない。
    変態には至らぬ変人達をも含め、全キャラ1つの流れの中で平等に描かれてるし…。
    アイヌの文化や食生活も相変わらずしっかり描かれ、当時の露の複雑な政治状況も。アシリパの父は、露の少数民族のパルチザンではとの憶測が。2018/10/15

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期28話:戦闘シーンの作画が凄い!
    魔女アニエスとアルカナの指輪を取り戻そうと、西洋妖怪逹は鬼太郎逹日本妖怪を襲撃。彼らの住む森を焼き…。
    アニエスから妖力強化を強いられてた鬼太郎は、怒りでその力を全開。アニエスも指輪の力を使い、西洋妖怪逹を退かすに成功するが…。2018/10/15

  • ねこ娘のアニエスに対する感情表現が、いちいち面白い。そして相変わらず戦闘モードはカッコいいわ~。
    今回は、パワーアップした鬼太郎もカッコよかったけどね。2018/10/15

  • 漫画家・楠高治氏の(略)代表作である学研「ひみつシリーズ」。それについて詳しく解説した個人サイトは、サーバー消滅で削除。しかし世界的なWEBバンクには保存されてた。https://web.archive.org/web/20160703025456/http://www25.atpages.jp:80/takeforce179/himituseries/kusunokitakaharu.html左のリンク先は外部サイト2018/10/18

  • (略)学研「ひみつシリーズ」の楠氏以外の漫画家さん達(略)内山安二氏、よこたとくお氏など(略)のページも同じWEBバンクに保存されてるはず。2018/10/18

  • BANANA FISH』15話:
    人間を支配できる薬・BANANA FISHを巡るエグい陰謀が続々と。そこをIQ200以上の頭使って乗り切ろうとするアッシュ。色仕掛け作戦には目が点に…。
    今回の話では、アッシュにトラウマを与えてきたマフィアのボス・ゴルツィネが、ある意味アッシュを本当に愛してたことが判明。2018/10/22

  • からくりサーカス』2話:
    前回は殺し屋、今回は誘拐組が登場。双方とも人形使い。そして双方とも莫大な遺産を相続した少年・勝を狙う…。
    鳴海は勝を自宅に保護。しろがねも付き添うが、鳴海にはイマイチ心を許さない。
    勝の恵まれない出自を知った鳴海は、しろがねと同じく勝を守ろうとするが…。2018/10/22

  • 『ゴールデンカムイ』14(2期2)話:
    冒頭で前回登場の変態が大暴れ。
    OPもキレてる。この作品はグルメ番組か…?
    OP後も変態が暴れてて…。彼が死ぬや、今度は変人やイカレ野郎が集まり、一触即発のところで腹がグーグー。ダビンチの「最後の晩餐」的食事風景へと…。
    なんやこのアニメは!2018/10/22

  • いやー、なんかすべてがぶっ飛んでて、ホントに面白いよ!(子供には見せられないけどね~。)
    変態の度合いが凄すぎるし、他のキャラ達も皆個性的すぎるし…
    おっさんたちの争いをしずめたのが、少女の腹の虫という展開も、腹が減っちゃあ敵も味方もナシ!との展開も、めちゃ面白すぎるぅwwwww2018/10/22