遊星面ファンサイト〔付録〕

管理人が語る、他のアニメや漫画について
ツイッター上での管理人の記述 18


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


このページに掲示しているのは、2019年7月1日途中からの内容です。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


略する場合は(略)。あからさまな誤字脱字は訂正。URLは削除するか、該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載しています。

記載している作品に関する詳細等は、お手数ですが、皆様方それぞれでお調べいただくようお願いします。

>>>このページの最初に戻る


<2019/7/1(2)~>

  • からくりサーカス』36話(最終話):
    フェイスレス、いや白金は、やっと初めて自分を客観的に見れた?
    かつての兄と自分との関係を思いだし、自分と勝とに当てはめた?
    それにしては改心が急というか、しろがね犬の登場からしても唐突感はぬぐえない。グリポンが勝から離れ、白金と共死というのも。2019/7/1

  • 鳴海とエレオノールが共に各地をサーカスでまわり、勝が逞しく成長、とのラストはいいけどねぇ~。
    最終回まで見て、一言「残念」!
    長い原作(読んでないけどアニメでのような破綻はないらしい)をもっと尊重して、もっと長いシリーズ構成で、きっちりアニメ化して欲しかったです。2019/7/1

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期62話:
    久々に6期の真髄が出た回だった。
    以下鬼太郎の台詞に。(一部要約してるけど。)
    「悪人を許すことができず、みんな殺してしまえという考え方こそ……異物の存在を許せず、一色に凝り固まって、そのおかしさに気づけないことこそが、僕は一番おそろしい!」2019/7/1

  • さらには、「こういう(ねずみ男のようなどうしようもない)奴が生きる余地のない世界こそ、僕は一番嫌う……許せる自分でいたい!」と…。
    鬼太郎が語っている相手は、敵(妖怪)ではなく、妖怪を殲滅しようとしている、鬼道衆の石動零(人間)。2019/7/1

  • 鬼太郎に助けられたねずみ男は、敵の本体を発見。そこからの反撃が、カッコよく汚い。
    戦闘ポーズ後「放水開始!」って…。水は体内から(うぇっ!)…。
    まぁいろいろと生命力溢れる6期の彼。「半妖」と差別され迫害されても負けない、生への執着を捨てない彼に、鬼太郎が一目置いてることもわかる。2019/7/1

  • 進撃の巨人』58話:
    全ての民を守れぬ王に王の資格はない。置き去りにされ迫害される民を見捨て、壁内に籠るエルディア人の王には…。
    マーレ人は壁内に入り、王から最大の力(始祖の巨人)を奪おうとする。もはや不戦では民は救えない。始祖をマーレ人より先に奪うべくエレンの父グリシャは壁内へ。2019/7/1

  • 「進撃の巨人」の力を得たグリシャは、壁内で新たな家庭をもうけ、生まれたわが子(彼にとっては次男)には、巨人の力を与えてくれた者の名「エレン」を与える。
    さらには後に、「始祖の巨人」の力を奪い、2つの巨人の力をエレンに与えるのだ。2019/7/1

  • エレンは、自分の中に眠る「始祖の巨人」の力は、巨人化した王家の者との連携で目覚めるのではと、気づく。母と知人を食べた巨人が、王家の血を引く父の先妻だと知り、彼女との接触時に得た感覚をも思い出し……。
    そして残酷な事実も知る。巨人の力を得た者は、13年しか生きれないことも…。2019/7/1

  • この物語は「血」がキーだね。
    エルディア人とマーレ人を分けるのも「血」。
    「血」が世界観を統一している。2019/7/1

  • BSプレミアム シリーズ深読み読書会「進撃の巨人~人類再生の物語」
    【出演】新井英樹,高橋源一郎,鹿島茂,【司会】鈴木杏,【語り】松尾剛…ってことです。なかなか面白かった。
    『進撃の巨人』は、近年の漫画作品中最大傑作の1つだと、私も思う。2019/7/8

>>>このページの最初に戻る

<2019/7/8(2)~>

  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN』10話:
    成長したセイラ。いろいろと兄に似てるわ。
    優しかった養父の死は悲しい…。
    シャアが実質主人公という骨格は面白い。本当のシャアの父母を、知らずとはいえ殺してしまうという残酷さも…。
    (戦闘シーンの方は相変わらず、私の感性には合わないなぁ…。)2019/7/8

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期63話:
    ぬりかべが主人公な回。
    全体の流れはクラシック。悪い妖怪と、良い妖怪(かわいい!ぬりかべがラブ!)が出てきて、ねずみ男が話をややこしくするものの、結果として悪い妖怪が駆逐されるという…。2019/7/8

  • 進撃の巨人』59話(3期最終回):
    壁内人類が置かれてる状況が一般に知らされた。巨人の正体、それに壁内への本格的侵略がいずれ始まることも…。
    人々が事態を理解しきれない中、壁内の巨人は駆逐。一時的平和が訪れる…。
    調査兵団は壁の外へ。海に至ったエレンが感じたのは、先にいる敵の存在…。2019/7/8

  • 念願の海に至ったのに、感じたのは自由ではなく、恐怖と絶望とは…。(他のメンバーが、喜びに溢れる中で。)
    それにしても自然……海と空の美しいこと!
    特に光の表現が素晴らしい。2019/7/8

  • エレンがヒストリアに触れたことで、父の記憶が蘇るシーン。父は当初フリーダに「始祖の巨人」により同胞を守れと頼むが拒否され、彼女を殺し巨人をわが身に取り込んだということを、エレンは知る…。
    記憶の錯綜は過去にも。まだ生まれてもないミカサとアルミンの名が「進撃の巨人」を通じ語られる。2019/7/8

  • アニメ『進撃の巨人』4期放映決
    嬉しい! これは絶対に全話丁寧にアニメ化させるべき作品だ…!
    突拍子もない設定も、「血」によって納得させられる物語。それさえ理解できれば、人間と社会の残酷で普遍的な姿が心に突き刺さってくる名作。2019/7/8

  • ヴィンランド・サガ』1~3話:
    原作漫画は読んでないものの、名作『プラネテス』の原作者・幸村誠氏の作品なので見始めた。
    (ちなみに『プラネテス』は、アニメよりも漫画の方が格段に名作。そう私は思う。)
    感想は……映画を見てる感じで、展開は想定内。凄く面白いとは、まだ感じ得ないなぁ。2019/7/16

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期64話:
    恨みで復讐に走った心を殆ど責めることなく、その元凶を処罰したことが好感…!
    こういう内容の場合、「恨みを持ったこと」を原因とし、「恨みを持った人」に反省を迫るのが一般的。
    ではなく、ゆるぎない絆に目を向けさせ、病んだ心を救ったラストが、凄く良かった。2019/7/16

  • 相変わらず、ねずみ男も良い仕事してるしね。2019/7/16

>>>このページの最初に戻る

<2019/7/18~>

  • 絶句してる…。2019/7/18

  • できるだけ多くの人が助かってほしい!2019/7/18

  • 涼宮ハルヒの憂鬱』『けいおん!』『らき☆すた』などの製作会社である…。2019/7/18

  • ああっ、傑作アニメ映画『聲の形』もだ!(略)2019/7/18

  • 若い命がこんなことで失われていいはずはない!2019/7/18

  • (株)京都アニメーションへの、非道・理不尽な放火テロによって、若い有能な命が33人も失われた…。
    これ以上死者は増えないでほしい!2019/7/18

  • どこか地上波テレビ局で、アニメ映画『聲の形』を放映してください!
    京都アニメーションの凄さがわかる!2019/7/22

>>>このページの最初に戻る

<2019/7/22(2)~>

  • Eテレ 先人たちの底力 知恵泉「菅原道真 “オタク男子が自分らしく生きる極意”」:
    応天の門』という漫画を知ったことが収穫!
    雑誌HPより→「ひきこもり学生の菅原道真と京で噂の艶男・在原業平――身分も生まれも違う、およそ20歳差のふたりが京で起こる怪奇を解決!?」2019/7/22

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期65話:
    <鳥取>愛が過剰に炸裂した、完全息抜きギャグ回。鬼太郎はずっとヘタレのまんま…。
    <鳥取>という言葉が何度連呼されたんだろ?2019/7/22

  • BEM』1話:
    妖怪人間ベム』のリメイク…ってことはミエミエだね。いくら設定やキャラの容姿変えても。
    1話見ただけでは何とも…。ただ敵がチープだったとの感想だけは言っておく。
    私の希望としては、『どろろ』のように、原作の魂は生かしながらもしっかり原作とは別物として創ってほしい。2019/7/22

  • 京アニ火災、死者35人に」。
    日本人(多くの)は、この非道な事件によって失われたものの大きさを、果たして海外の人たちよりも理解してるのであろうか?
    日々の報道を見ていると、思わずそう感じてしまう…。2019/7/28

  • 7/26 TV朝日 報道ステーションより、漫画『宇宙兄弟』の特集あり…。
    作者の小山宙哉氏も登場。
    この作品の1つのテーマでもある、難病「ALS」の治療法解明の動きについても触れていた。
    せりか基金>について→https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund/左のリンク先は外部サイト 2019/7/29

  • 家計の窮乏により「週刊モーニング」を買えなくなった。家の近くの本屋で、立ち読みができなくなった…。
    そういう事情で、ここ何年か『宇宙兄弟』を読めてない。残念…。2019/7/29

  • BSプレミアム「セカンドの美学 ~北斗の拳 ラオウ~」放映されました!
    ラオウが好きな人にはたまらない内容かも。2019/7/29

  • (略)『魔法少女まどか☆マギカ』の再放送録画中。一度DVDに収めてるが、今度のはBDに収める。なんたって21世紀の傑作だから…!
    進撃の巨人』第1期も、BS日テレで再放送中。時間帯の関係で録画はしない。まぁ一度BDに収めてるから、今回はいいかなと2019/7/29

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期66話:
    ラストが切ない。元の世界に戻るものの、時の流れの負荷にさらされ、命失う子供達…。
    しかし「生きてる」ということは、ただ命を長らえさせることではない、というメッセージも伝わってくる。
    命の循環の中で精一杯生きることこそ「生きてる」こと。彼らはそう悟ってた。2019/7/29

>>>このページの最初に戻る

<2019/7/29(2)~>

  • BEM』2話:
    ベム逹は人間から容姿を写して、人間社会に溶け込んで生きてきたということがわかる回。
    しかし敵対する化け物の正体が見えず、物語の全体像もまだ見えない。
    「異質な者」が主人公の物語は「よくある」ので、それらと区別をさせ、どう「よくある」設定から脱するのかを今後見ていく2019/7/29

  • 人間に化けたベラが美少女で、学園モノの要素も入れ込む設定は面白いけど、性格がイマイチ掴めないなぁ…。
    ベムはほぼ基本型。
    ベロは、原作のベロとは相当違うけど、これはこれでナイス!
    まぁ原作と違ってていいけど、原作の重みは欲しい。
    だから、お笑い系の今回の敵キャラ、私にはちょっと辛い。2019/7/29

  • 傑作『伝説巨神イデオン』等のキャラデザを手がけた湖川友謙氏。松本零士氏作『銀河鉄道999』のメーテルのイラスト等を勝手にオークションサイトに出品するとは…。
    湖川氏の行為に呆れ、世間の反応に悲しむ。
    一般人は彼の功績を知らない。「アニメ業界ではちょっとした有名人」程度でしかないとは。2019/8/1

  • ネットで〈湖川友謙〉と検索すると、「無名で三流のアニメーター」などど書いたサイトが、トップページに来ている。
    全ての事象においてだが、「歴史を知らない」認識が世間に流布するサマは、悲しく、そしておそろしい…。2019/8/1

  • 声の大きなものが、歴史を覆い隠した感すらしてしまう。あくまでも私の感だが…。
    妖怪人間ベム』がリメイクされやすいのは、あるひと所が、原作含め全ての権利を握ってるから、との見方に対し…。
    当時の関係者は、死んでるか高齢過ぎて、もはやクリアな証拠を持って声をあげることなど不可能…。2019/8/2

  • ただ私は、作品がすべて、作品が最優先だと考える。なので、作品が尊重され、伝えられ、リメイクされるなら、それでもいいと…。
    作品が後世に残りさえすれば、覆い隠されたかもしれない歴史も、いつかは明らかにされるチャンスも生まれる。2019/8/2

  • 京都アニメ放火 武本監督ら犠牲者10人の氏名公表」。
    「「聲の形」総作画監督らが犠牲に…亡くなった被害者らの氏名公表 京アニ放火事件」。
    NHK総合 かんさい熱視線「絶えない祈り “京アニ”社員たちが描いた夢」。
    辛い…。2019/8/3

  • 今夜NHK総合で、映画『この世界の片隅で』放映!
    昨年放映されたCS放送分を録画保存してる。とはいえ、まぁ今回もとりあえず……と思ってたら、どうやら1か所だけ違うバージョンのものとのこと。
    ちゃんと録画予約しといて、良かった!2019/8/3

  • で、ほぼリアルタイムで見てしまった。やっぱりいいわ~。
    リンさんがちゃんと出てくるバージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も、ちゃんと見よう!2019/8/3

>>>このページの最初に戻る

<2019/8/5~>

  • NHKスペシャル「香川照之の昆虫”やばいぜ!”」。(略)
    BGM、アニメ『聖戦士ダンバイン』のOPが聞こえたけど(略)2019/8/5

  • TV東京(大阪) 新美の巨人たち「高畑勲「かぐや姫の物語」」。
    ……私は、高畑氏が手がけた『太陽の王子 ホルスの大冒険』の大ファンです。この作品、テーマもだが、音楽もすばらしい!2019/8/5

  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN』11話:
    全編リアルな殺し合い。
    ゴメン、♀の私にはつまらないし、ただ気分悪い…。2019/8/5

  • ヴィンランド・サガ』4話:
    息子や仲間を守る為犠牲になる父。その父の仇をうつ決意をする息子…。
    お話はここからなんだね~。
    この作品のベースとなってる世界が、現実社会での過酷な状況下(理不尽さが当たり前な戦闘地域での状況下)に近いものであることを、今のところ私は一番評価してる。2019/8/5

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期67話:
    ゲストヒロインが、承認欲求を満たす為だけに暴走し自爆した(犯罪して捕まった)お話。
    一番恐ろしいのは、そういう彼女を無感情にパチパチ撮ってく一般人。縄文人は客観的位置に…。
    子供番組だからどこかで救いが入るかな?と思ったけど、無かった。6期らしい作品。2019/8/5

  • しょせん人間なんて見た目と肩書だろ!」「何を発信したかじゃねぇ、誰が発信したかだろ!」っては、実際SNSしてたらよくわかる…。
    でもそれにとらわれすぎると毒だな、とも感じる。2019/8/5

  • BEM』3話:
    ベロはゲームの達人。一見生意気で殺伐としたクソガキだが、本当は優しい。この設定は好きだ。
    彼がヘッドホンを外し、本性を現し敵と闘うアクションは、カッコ良かった。
    助けた相手に誤解されるストーリーも、原作風だし…。
    ただまだ全体像は見えず、敵はチープでようわからん!2019/8/5

  • あのファンシー風ハムスター、なんだったんだろ?2019/8/5

  • 映画『この世界の片隅に』(略)
    今回のNHK放映版ではEDは短くなってたので、スレッド最後に書いてる「リンさん」の物語は入ってなかったけど…。
    でも年末公開予定の新バージョン映画では、リンさんは原作通りに出てくるらしいので、楽しみだ。2019/8/5

>>>このページの最初に戻る

<2019/8/8~>

  • 戦え!オスパー』。
    TVアニメ創世記のモノクロアニメであり、超能力を前面に押し出した最初のアニメ。制作会社は既に無く、フィルムの所在は不明?再放送はなかった?ともかくいまだ作品の全体像がつかめない。
    しかし最近、漫画が掘り起こされた。
    そしてこれはフィルム?2019/8/8

  • (フィルムには)「毒蛾の大群」ってある。
    もしこれが本当に『戦え!オスパー』のフィルムなら、Wikiにある第41話「毒蛾におそわれた町」のことかしら?2019/8/8

  • 本編の映像は、80年代以降、私の知ってる限りでは一度だけ、TVで流れたことがある。
    TV東京系「面白アニメランド」('84~85)で、1分弱ほど。私はここで初めてこの作品を見た…。
    オスパーの声と、冨田勲氏作とみられるカッコいいBGMをカセットテープに録音。今も聞けるかどうかはわからないが…。2019/8/8

  • 経験なくとも、伝えようとする努力!(略)
    NHK総合「アニメーションで伝える『ヒバクシャからの手紙』2019/8/12

  • BSテレ東京 武田鉄矢の昭和は輝いていた「満州からの帰還者たちの想い~復興の立役者
    東海林太郎、なかにし礼、加藤登紀子、森繁久彌、山田洋次、赤木春恵、浅丘ルリ子、宝田明、赤塚不二夫、ジェームズ三木、ちばてつやちばあきお、小澤征爾、北見けんいち、坂東英二2019/8/12

  • 以上の方々が紹介されてたが……先日亡くなられた声優の藤田淑子氏、漫画家の日野日出志氏もだし、満州に限定せず大陸からの引き上げということなら、小説家の五木寛之も。……いや、もっともっとおられる!2019/8/12

  • 8/5 NHK総合 ごごナマ「ちばてつや
    満州からの帰還の苦労…。
    この人の作品『餓鬼』をいつか見たい。
    8/10 TBS 報道特集「松本零士さん、福田元首相が語る戦争」:
    アニメ『宇宙戦艦ヤマト』の沖田艦長のモデルは、松本氏のお父様。2019/8/12

  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN』12、13話(終):
    殺戮の11話とは一転して、私にとっては大変面白かった。こういう精神的緊張感のある話が好きだ。
    戦争とは非合理で感情的だということがよくわかる。
    陰謀によって動く面もあるが、想定外になる面もあることも、<ファースト>を続けて見ればわかる。2019/8/12

  • ヴィンランド・サガ』5、6話:
    トルフィンは、父の仇をうつために仇の集団に身を寄せ、彼らの殺戮行為にも加担…。
    殺戮も性暴力も非常茶飯事なヴァイキングの残虐さは見てて辛いが、この時代の人間の意識はこんなものだろうとの想像はできる。
    変に今風にしないことは作品としては評価するが…。2019/8/12

  • でもやっぱり見てて辛い…。
    でもそれと別に、作品の強いテーマ性は感じるので、今後も見ていく。2019/8/12

>>>このページの最初に戻る

<2019/8/12(2)~>

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期68話:
    息子が重大な犯罪者になる前に、死んだ父親が鬼太郎の力を借りて改心するよう図り、その通りになってハッピーエンド。
    お盆、それに戦争を意識させる時期だけに、こういう話にまとめた感が…。
    戦争でわが子に会えずに死んだ大勢の父親逹の魂を慰めてるようにも感じる話。2019/8/12

  • しかし、地獄での描写はキツイなぁ。自分が自分を食べるシーンは!
    (子供だったらトラウマになりそう。)2019/8/12

  • 日航ジャンボ機墜落事故から34年目…。
    緋本こりんさんについての過去ツイートを、再掲載します。https://twitter.com/ohyabu/status/1028563889191968768左のリンク先は外部サイト2019/8/12

  • (略)『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』12話より:
    戦勝祝賀会会場で「お手柄の黒い三連星です」と祝されるガイア、マッシュ、オルテガ。
    彼ら3人を見て、ふと感じた。日中戦争での「爆弾三勇士」がモデルでは?と2019/8/14

  • ぶらぶら美術・博物館「時代を超えて広がる魅力!「みんなのミュシャ」展~ミュシャ代表作×ロック、文学、マンガ…世界中のミュシャフォロワーと夢コラボ!~」:
    漫画では山岸涼子氏の『アラベスク』の扉絵が取り上げられた。
    私が知るに、大矢ちき氏もミュシャの影響受けてる。2019/8/19

  • 特に髪の毛の描き方なんかがね…。
    漫画家としての活動期間は短かった、大矢ちき氏。
    作品が今も読めるかどうかわからないが……一条ゆかり氏作『デザイナー』の登場人物・柾(まさき)の絵は、完全に大矢氏の絵である。2019/8/19

  • NHK 歴史秘話プリキュアヒストリア。
    見てないけど、気になるシリーズだわ。
    アニメにおいては不動の一時代を築いてる。2019/8/19

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期69話:
    一言で言うと……横(異なるもの同士)の共存と、縦(ひとりの人間の生き方)の多様性を掲示し、その上で、他者の生き方を否定しないことが一番カッコイイ!としたお話でした。2019/8/19

  • ラスト、地獄に移送直前の伊吹丸(鬼)の有り様が、テーマに直結してる…。
    異なるものとの共存は稀と言いながらも、自分がその稀な例である為に、共存めざす相手を否定はしない…。
    復讐は自分の経験からは無意味としながも、結末は人それぞれかもしれないとして、復讐めざす相手を止めはしない。2019/8/19

  • 追記『ゲゲゲの鬼太郎』6期69話:
    ザンボット3』のブルーレイ発売のCMには仰天した…。
    若者よ、『ガンダム』の富野由悠季氏らが作ったこのアニメは、ホント凄いのだよ。2019/8/19

>>>このページの最初に戻る

<2019/8/26~>

  • MBS「祈りの夏・聖地の声~京アニに伝えたい感謝の言葉」:
    京都アニメーション追悼番組…。2019/8/26

  • アナザーストーリーズ「そして、ルパン三世が生まれた~命を吹き込んだ男たち~」:
    私はリアルタイムで見てた。(なぜか父が気に入ってた。)子供心にもなかなか印象的な作品だった。特にED!
    人気無かったが再放送等で人気出て…のパターンは『ヤマト』『ガンダム』と同じ。2019/8/26

  • 青少年アシベ』28話、pixivコミック(無料)にUP
    スガオ君とチットちゃんが出てくるので、久々に紹介…。
    スガオ君、やっとチットちゃんと再会!…と思いきや、家族殆どがインフルに。なので行けず、代わりにアシベがネパールに…。
    これじゃあスレ違い!ああ、しんど!2019/8/26

  • ヴィンランド・サガ』7話:
    傭兵として戦地に入り、奇抜で度肝を抜くパワー戦法で圧勝。お宝だけ取って逃走というお話。主人公トルフィンの勇猛さも光る。
    だけど所詮は人殺し。私はどうも乗れん。(これは『キングダム』の場合と同じ。)
    ただこの作品には確固としたテーマを感じるから、見るわ。2019/8/26

  • 『ヴィンランド・サガ』8話:
    父の仇をとりたいがために、仇アシェラッドの率いるヴァイキング兵団に入っているトルフィン。そこで成長してゆく…。
    決闘を申し込んだが、今回も歯がたたずだった。2019/8/26

  • 残忍なヴァイキングも、仲間内では礼節正しい。
    仲間は人間、それ以外は「人間ではない」としてるわけか?
    「人間ではない」者達に対しては、平気で殺し犯し奴隷に出来るというわけか?
    おそらくそれが、当時の世界での共通した精神構造。それを真正面から描いてることは評価するが……しんどい。2019/8/26

  • ローマ時代のコロッセオ(コロッセウム)での残酷な娯楽を、今の時代からは語れないのと同じことだろう。2019/8/26

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期70話:
    2期43話「足跡の怪」のその後のお話?
    「足跡の怪」は怖かったけど、今回のは、う~ん…。
    定めと宿命に、情にほだされて従ってしまうお話だと、私は受け取ってしまう。
    結局は<良い子>のお話なんだと…。
    “たたり”に意味があるならわかるんだけど、意味不明だしね。2019/8/26

  • 私的には、<悪い子>になり、運命に抗い、報いがあろうとも平気で、叩き割るように自分の道を切り開く15話のようなお話が好きなんだけどね。
    最近、こういうヒネた内容のお話が無くなってしまったような感が…。2019/8/26

  • BEM』4話:
    主人公3人のビジュアルと性格設定は、話が進むにつれどんどん味が出てきてるけど、それ以外が貧弱なので、彼らが浮いてる…。
    特に敵。ワケわからん。「でんぷん君」て何?
    女性刑事・ソニアも、ちと薄っぺらいし…。
    <妖怪人間>の定義が出てきたけど、世界観はまだ読めない2019/8/26