遊星面ファンサイト〔付録〕

管理人が語る、他のアニメや漫画について
ツイッター上での管理人の記述 11


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


このページに掲示しているのは、2018年5月5日途中からの内容です。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


略する場合は(略)。あからさまな誤字脱字は訂正。URLは削除するか、該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載しています。

記載している作品に関する詳細等は、お手数ですが、皆様方それぞれでお調べいただくようお願いします。

>>>このページの最初に戻る


<2018/5/5(2)~>

  • (略)|Eテレ『香川照之の昆虫すごいぜ!』の最新作「4時間目クマバチ」:
    香川氏はクマバチの飛行の例えを「マットジャイロ」で。(略)『帰ってきたウルトラマン』のMATの乗り物!
    タガメの回では『ウルトラセブ』のキングジョーが例えに。2018/5/5

  • ココで感想を書いてるアニメのひとつ『ゴールデンカムイ』。その原作漫画は先月、朝日新聞社が主催する第22回手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞している。2018/5/5

  • 気になる連載漫画:
    ベルセルク』(inヤングアニマル)ーネット上で調べるとキャスカが正気を取り戻したようだ。
    キングダム』(inヤングジャンプ)ー立ち読みできる時に見てる。女性キャラ達が気になる。
    累 -かさね-』(inイブニング)ー立ち読みできる時に見てる。ラストはどうなる?2018/5/5

  • 少女漫画では『ガラスの仮面』より『王家の紋章』の方が気になる…。
    『王家の紋章』:
    1976年より少女漫画雑誌プリンセスで連載中。作者の細川智栄子氏は、少女漫画黎明期のS30年代から活躍されてる方。
    1935年生。80歳とうに超えておられます。生きてらっしゃる間に完結できるのですかぁ~?!!2018/5/5

  • シン・ゴジラ』視聴。日本の組織の問題点はあぶりだされてるが、しかし…。
    画面が次々切り替わり、忙しすぎる。しかもそのペースが最後まで同じでメリハリがない。筋や状況についていくのに精一杯…。
    説明過多、入れ込み過ぎ。
    私としては、想像力を入り込ませる隙間のない作品は、好みではない。2018/5/5

  • NHK総合 インタビュー ここから「諫山創
    進撃の巨人』の作者。現在まだ31歳。
    あの作品の、壁に囲まれた世界観は、彼の故郷が山に囲まれた盆地(大分県日田市)であることも大きく影響してたのか…。
    『進撃の巨人』第3シーズンは、NHK総合にて7月より放映開始2018/5/5

  • 鬼灯の冷徹』2期18話:
    この作品では、キャラ達が一箇所に集まって鬼灯の説明聞いてわちゃわちゃ会話するシーンが実に多いのだが、今回もそう。
    話のネタになるゲストキャラは常にヤバくて、退屈はしないが…。
    エピソード「天邪鬼」「帰れ鶴」。前は外も中も最悪女。後は恩返しで結婚詐欺する鶴。2018/5/7

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期6話:
    人の気力を吸い取る妖怪。だが彼にはそんな自覚はなく、普通の猫だと思ってた。村に人が沢山いた時には気づかなかったのだ。
    しかし過疎になっては被害が。さらに特定の人間を慕ってしまうと…。
    その結果の悲劇。重くて考えさせられるお話だが、脚本の出来が良くない。2018/5/7

  • 物語のラスト、妖怪のその後は…? 妖怪が老女だけに傾倒するこだわりの理由もイマイチよくわからない。長く生きてたら当然他の人間との絡みの歴史もあるはずなのに…。
    一番意味不明は老女の息子。母親を気遣うことが、なぜいきなり鬼太郎を呼び出すことに繋がる? 妖怪ポストをいつどこで知った?2018/5/7

>>>このページの最初に戻る

<2018/5/13~>

  • ゴールデンカムイ』5話:
    一癖も二癖もある濃いおっさん逹のオンパレード。多くは金塊を探し求める輩だが、死に場所を求めてる翁(土方歳三)もいる。
    そんな中で、紅一点アシリパちゃんは癒し。彼女の変顔は原作ファンの間では有名らしいね。彼女を通じてのアイヌと和人の食文化の交流も面白い。2018/5/13

  • ピアノの森』5話:
    主人公・海のピアノが優れてるにもかかわらず、規格外だったため権威に認められなかったことに激怒し、自らのあがり性を克服して闘いに挑む(自分のピアノを権威の前で弾く)少女がメイン。
    相手のことはよく知らなくともピアノの音を介して心が触れ合うシーンが良くできてた。2018/5/13

  • 鬼灯の冷徹』2期19話:
    遊び人風の狐の檎(ごん)。楽して儲けたいあくせくしたくない競争は嫌だと言いながら、金銭など締めるとこはきちんと締めるし、正直で温和で威張らないから女性ファンは多い…。
    上司(妲己)には頭上がらず、まるで恐妻の尻に敷かれた旦那?
    2人とも本当にいいキャラだ2018/5/13

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期7話「幽霊列車」:
    原作にもあるストーリーで、何度かアニメ化もされてるらしいが、あまりよく知らないのでこの回のみの感想で言うなら……今回は脚本が非常に良くできてた。
    妖怪よりよっぽど恐ろしいもの、それは人間!
    …というのがこの回のテーマだ。2018/5/13

  • 愚かな小市民1人を罰するだけなら薄っぺらい話になりかねず、中小企業の経営者なら同情すべき事情もあって…などと思わせる隙を作っては話が白ける。
    しかし、ネットいじめをしてる女子高生を絡めたことで、<同じ人間を理不尽に差別し迫害する人間>の問題となり、重いテーマを孕む内容となったのだ。2018/5/13

  • だから、脚本見事です。(略)2018/5/13

  • あと、絵や効果も良かった。子供は怖がるかもしれないけど…。
    それに、今期のねこ娘、ホントにいいわぁ。鬼太郎と同等にいて、場が締まる。2018/5/13

  • アナザーストーリーズ 運命の分岐点「スヌーピー最後のメッセージ」:
    スヌーピーが大好きだった妹。そんな日本人は多いと思うが、作品全体も日本人に好かれてると思う。
    コンプレックスを背負ったキャラ逹と、人生はうまくいかないものだというメッセージは、確かに日本人のメンタリティーに合ってる。2018/5/21

  • 『ゴールデンカムイ』6話:
    脳だの肺だの血だのを食いまくるキャラ逹。毎回ワイルドなグルメシーン満載。ヤバいおっさんもさらに加わり…。
    それでもこのアニメ、女性ファンが多いのがわかる。アシリパちゃんがいるからだけじゃない。主人公の杉元が動物や女子供やマイノリティに優しい紳士だからだ2018/5/21

>>>このページの最初に戻る

<2018/5/21(2)~>

  • ピアノの森』6話:
    この作品は、日本の差別構造をあぶりだしてることに気がついた。
    這い上がろうとする主人公の海。しかし、別の地に移り自らの出自と縁を切るのではなく、ずっとその地に留まり同じ出自の人々を救う道を選択する。
    彼はピアノを生業に、つまり金儲けの手段にすることを決意する。2018/5/21

  • 鬼灯の冷徹』2期20話:
    漫画では表しきれない色や質感が表現されてた回。要は、絡繰御殿風の変成王の裁判所の重層感が丁寧に描写されてた…。
    内容は……絡繰補佐官(現在試運転中)のめめこちゃんは怖くて、サタン様はヤバくて、鬼灯様はもっとヤバくて、ベルゼブブ・リリス夫妻は変わらずいい味。2018/5/21

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期8話:
    ロリコン趣味の爺妖怪が、鬼太郎逹から誤解される回。敵はもっと違うところにいた…!
    ゆるい回だが、まなちゃんとねこ娘はやっぱ可愛い。ねこ娘が猫語で猫とお話ししているシーンと、戦闘シーンは萌える。
    6話で出てきた可哀そうな<すねこすり>も一瞬登場します。2018/5/21

  • 少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん』より「走れ!ゴマちゃん」:
    仲良しのカエルのひらおの危機を救う為、ゴマちゃん頑張る!
    キュッキュツとの鳴き声以外はセリフがないため、ゴマちゃんの動きや感情は音楽で表現されてた。まるで『トムとジェリー』や初期のディズニーアニメを見てるみたいで新鮮。2018/5/21

  • おじゃる丸』より「進撃のマロ」:
    NHKで7月から始まる『進撃の巨人』第3シーズンの宣伝か?と、笑い転げたwww 東宝も入ってるぅwwww
    おじゃる丸はガリバー状態。他のキャラ達は『進撃』の装い。
    おじゃるを救いに伝ボが「伝ボ~YA伝ボ~」の中飛ぶ……ってお前はモスラか?wwww2018/5/21

  • 青少年アシベ』13話を、やっとpixivコミック(無料)で読む…。
    あああああ、切ない、辛い!スガオ君とチットちゃんの遠距離愛…!
    スガオ君のおヨメさんになりたいチットちゃんに猛アタックするのは権力者の息子…。
    お兄さんの大切な人だから自分にとっても大切な人だと認識してるアミルちゃん。2018/5/26

  • 『ピアノの森』7話:
    前話から5年後。主人公の海は、危ういバイトをしながらもピアノの腕を磨いてる…。
    彼の出自がバレることは彼の為にはならないとして、彼の出身地の人々は彼の存在を部外者には知らせない…。
    この作品は単なるサクセスストーリーではない。日本の差別問題が根底にある。2018/5/28

  • ゴールデンカムイ』7話:
    冒頭でめちゃ濃いマタギのおっさんが狼にやられて逝くが、ラストでは別のヤバいおっさんがブンブン走りまわるwwwww
    主人公達が探し求める金塊(もとはアイヌのもの)は予想以上の量。戦争の悲劇(日露戦争での)も語られる。
    それにグルメ。アイヌの食文化は深い!2018/5/28

>>>このページの最初に戻る

<2018/5/28(2)~>

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期9話:
    「河童の働き方改革」ってタイトルが一番笑う…。
    要は、お金や物より大事なものがある、自分らしい暮らしをしましょう、ってことか?よくあるお話ではあるが…。
    それにしても、尻子玉 って何?2018/5/28

  • 鬼灯の冷徹』2期21話:
    「芥子という兎」「範疇」。どちらも原作以上に面白い。アニメでは声が入るから、その影響は大きい…。
    兎の獄卒・芥子ちゃんは、原作以上に可愛くエキサイティング。
    さらにはゲストキャラの因幡の白兎くん。原作でも相当にチャラいが、輪をかけてチャラくなってた(笑)2018/5/28

  • ピアノの森』8話:
    刺激は足りないな。しかも早いね、もうショパンコンクールに向かってる。
    ピアノの音の個別表現がこの作品のミソのはずだが、悲しいかなシロウトにはイマイチ区別がつかない。だから、クロウトが見ればどういう評価になっているのかが興味深い。2018/6/4

  • ゴールデンカムイ』8話:
    主人公の杉元とヒロインのアシリパと動物達がいなけりゃこの作品、濃くてヤバいおっさんと変態の巣窟になってしまうのでは?
    で今回は、究極の変態が登場。幼い頃のトラウマが原因で、殺人に性的快感を感じてしまう殺人鬼・辺見。こわ~!
    で今回もグルメ情報も満載です。2018/6/4

  • 弟が猪に生きたまま食べられてくのを見て、殺人に異常な性的興奮を感じるようになった辺見の精神は、私にはある程度までは辿れる。
    それと同じぐらい辿れるのが、漫画『キリコ』(’98~作:木葉功一)の主人公の少女キリコ。殺し屋。彼女にとって母を目の前で無残に殺されたトラウマを埋めるのが殺人。2018/6/4

  • 『鬼灯の冷徹』2期22話:
    バカ犬のシロが、ケツを虫にかまれて大騒ぎするお話は原作でも面白かったけど、アニメになっても面白いなあ。仰天する鬼灯さんの顔のアップが一番のキモかも…。
    狐一族(檎ちゃん、ミキちゃん、ミキちゃんのお兄ちゃん逹3人)と猫の小判のセットもなかなかです。2018/6/4

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期10話:
    学校から「学校の怪談」キャラ逹が消えた。原因は、トイレの花子さんに一方的恋心を抱いたトイレのヨースケ君がストーカー行為を働き、花子さんは失踪。他のキャラ達はヨースケに監禁されてしまった為に…。
    すげぇストーリーだ!
    で、ねこ姉さんこと猫娘が大活躍!2018/6/4

  • ねこ娘もまなも花子さんも美少女。
    ねこ娘のアクションは……個人的にはもっと激しくても良かったかな~。
    ヨースケの行動がアホらしくて寝入ってしまう子泣きじじいがいい味出してる。2018/6/4

  • おじゃる丸』21-26話「うすいとマリーのマンガ対決」:
    恋愛物にしか興味がないうすいと、いわば戦闘ヒロインにしか関心がないマリーさん。
    マリーさんの年代なら『リボンの騎士』や『スーパーローズ』('59~61 作:石川球太)、実写の『マリンコング』('60)のくれない天使を見てたのかな、と。2018/6/4

>>>このページの最初に戻る

<2018/6/4(2)~>

  • ストップモーションアニメ映画『犬ヶ島』について書くのを忘れてた…。
    6/1 BS1「キャッチ!世界のトップニュース」の<映画で見つめる世界のいま>コーナーでも紹介。
    米制作。日本人が見ると違和感を感じる部分も少なくないようだが、そこはアニメ。ファンタジーだとみなせばかなり楽しめそうだ。2018/6/4

  • ピアノの森』9話:
    もうショパンコンクール開始?
    私にとっては、生ぬるすぎる展開。原作はどうなのよ?2018/6/11

  • ゴールデンカムイ』9話:
    ヤッべ~、こんなの子供には見せられないよ~!
    殺人変態の辺見は、自死変態でもあり、フツーの人間なら感じ得ない絶頂の中で満足して死んでゆく。これが前半…。
    後半は、おっさんというよりあんちゃん達の銃を使った闘い。皆ちゃんと倫理感はあって、その点ではホッ!2018/6/11

  • 調べてみると、原作の『ゴールデンカムイ』、辺見和雄を手始めにして、以後とんでもない変態がぞろぞろ出てくるようですね~(笑)2018/6/11

  • 私の大好きな『おそ松さん』は、子供が見る時間にはとうてい流せない内容だったけど、この『ゴールデンカムイ』もそうですね~(笑)2018/6/11

  • 鬼灯の冷徹』2期23話:
    兎の獄卒・芥子ちゃんは可愛くて超強い。そして鬼灯との相性抜群…。
    かつて桃太郎が連れてた3匹のうち、知性が一番鬼灯に近いのは雉のルリオ…。
    といった原作にあわせてはいるが、アニメ化して芥子ちゃんの苦悩の描写が進化しとる。狸の分福茶釜クンもぷくぷく可愛い!2018/6/11

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期11話:
    『シン・ゴジラ』の影響モロ出しじゃん。それにこれって、シリーズのラストに出すような内容のお話じゃ?まさか1クールで終わり…?
    狸のボスがまなちゃんを抱きとって、嫌がり叫ぶ彼女の手に口付けるシーンにはたまげた。1933年の映画『キングコング』を思い出した。2018/6/11

  • キングコングの腕に握られた美女が、嫌がり叫ぶシーンだ…。
    手というより腕か…?
    まぁどちらにせよ、私的にはちょっといただけないなぁ。せめて「ボケ!カス!」ぐらいこぎたなく叫んでほしかった。今の時代の女の子なんだからさぁ。2018/6/11

  • 少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん 第72話「チットちゃんの贈り物」:
    スガオ君が日本へ帰る。え?なら原作にあるコラコラ島には行かない?ボラちゃんとは会わないわけ…?
    それはそうと、チットちゃんとはいったん別れますが、やがて恋人同士になりますヨ。2018/6/11

  • 青少年アシベ』より。(略)
    現在(ネット上で)UP中の第13話は、まさにスガオ君とチットちゃんがラブラブのお話。(略)2018/6/11

  • スガオくんがめちゃカッコイイのですよ~!2018/6/11

>>>このページの最初に戻る

<2018/6/18~>

  • ピアノの森』10話:
    ショパンコンクール。生ゆるい展開のなかで、やっとパン・ウェイが出てきた!
    悲惨すぎる成育歴を持つ彼は、私にとっては一番面白いキャラ。2018/6/18

  • ゴールデンカムイ』10話:
    話の展開が変わった。アイヌから奪った金塊のありかを囚人逹の入れ墨に暗号として掘った張本人が、殺されたことになってたアシリパの父だというのだ。しかも彼は、実は異邦の民だと。当然アシリパは父を追う…。
    いろいろな人が混じって面白くなってるのに、最終話近い?2018/6/18

  • 漫画は続いてるけどね~。
    で、次回予告のタイトルが面白い。「殺人ホテルだよ全員集合!!」
    ……今の若い人に、ザ・ドリフターズってわかるのかなぁ?2018/6/18

  • 鬼灯の冷徹』2期24話:
    夫婦の在り方(ダメ夫と働き者のヨメとは相性いい?)とか、新手の脅し(婚姻届でストーカーすら撃退可?)とか、人間どこかに落とし穴(頭いいから料理上手いとは限らん)とか、料理してると料理できるとは違うとか…。
    まぁ原作通りなんだけど…懸衣翁やっぱいい味出てる。2018/6/18

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期12話:
    3点に注目。
    (1)右向けと言えば右にと、権力の志向によって一色に染まりやすい日本社会の有り様が如実に。
    (2)メインキャラ、皆強い!特に今回は、砂かけ婆と一反木綿が目立った。
    (3)動画としての出来がいい。特に後半、蛟龍vs鬼太郎での作画と動きが圧巻!2018/6/18

  • 蛟龍vs鬼太郎での、鬼太郎乗せた一反木綿の動きが最高でしたね~。
    しかしそんな中で、鬼太郎が「指鉄砲!」と叫ぶのには笑った。なんかギャップ過ぎてwwww2018/6/18

  • (略)まぁWikiはね~。(略)古いものは、出てないか間違ってるか…。
    私的にはあの『光る風』がないのが腑に落ちん!2018/6/24

  • 青少年アシベ』14話、pixivコミック(無料)にUP!
    リンダ姐のアシベへの強烈な執着は、なぜ?アシベを巡って、リンダVsスガオという、けったいな構図になってしまってるwww
    楽器のファゴットを銃に見せる演出も斬新。
    全体的には、ふんわりと柔らかくあたたかい…。2018/6/25

  • 『ゴールデンカムイ』11話:
    ザ・ドリフターズの舞台装置的な旅館。主は、殺した人間逹の体の一部を身に付け若い女性と化した変態ジジイ。そこに杉元とアシリパ、トンマな白石、全身性●変態の牛山が…。
    全編下ネタ満載のスピーデイなギャグ展開。最後は爆発。変態的カオスが輝いとる(褒めてる)2018/6/25

  • さすがに子供には見せられない!
    しかし、不思議な魅力がある作品だわ。(原作が。)2018/6/25

  • 横道それるが……こういう魔の館に、変態含めた魔物がいて…との設定は昔からよくある。
    そんななかで私はなぜか、TVアニメ『デビルマン』の第5話「眠れる美女 ゾルドバ」を思い出したわ~。
    ばばぁゾルドバも、若くてきれいなリタを食べて、リタになりすましてたからね~。2018/6/25

>>>このページの最初に戻る

<2018/6/25(2)~>

  • 鬼灯の冷徹』2期25話:
    前半「瘟鬼」の方が作画が良かったが、後半「動物は恩を忘れない」はラストの演出が良かった。
    うちで働かないか、との誘いに、僕逹は鬼灯様のもとを離れないよ、と無邪気に答えるシロ。この間(ま)の演出が絶妙だった。
    鬼灯は表情を変えないが、台詞や間に嬉しさが滲み…。2018/6/25

  • ゲゲゲの鬼太郎』6期13話:
    ダイヤに目が眩んだ欲深い人間逹がねずみ男に誘われ、妖怪に魂を食われてダイヤになる自業自得な話かと思いきや…
    システムの主導権を人間がねずみ男から奪った途端、世界中の難民逹や人身売買の被害者達がダイヤになる人間資源としてコンテナに積まれ連れてこられて…2018/6/25

  • この展開にはびっくりした。驚いた。
    ねずみ男よりも妖怪よりも人間がおそろしいとは、今期の普遍的なテーマであるようだ…。
    ところで……
    ラストで難民逹も子供達も助かったはずなのだが、その顛末は描かれていない。
    まぁ30分枠内ではとうてい描ききれないことだしなぁ。(やむをえないか…。) 2018/6/25

  • (略)BGM等を入れたサウンド(略)エイケン作品でもエイトマンスーパージェッターはLPが出た。ソランは人気があったのにおそらく例の事件に縛られて、遊星仮面パピイはマイナーすぎて出なかった…2018/6/29

  • 6/28 NHK総合 クローズアップ現代+「人生を変えるスポーツ漫画 ~ドカベン その半世紀が残したもの~」:
    野球には興味ないが、この作品が面白いと思えるのは、ひとえに水島新司という漫画家さんの力量による。
    貸本漫画時代から、人情味あふれる作品を書いておられたようだし。2018/7/2

  • ピアノの森』11話:
    ショパンコンクールがゆるりと進んでる。
    主人公の海の演奏はまだだが……う~ん、私的には刺激が足りない流れだ。でもこれがこの作品のカラーなんだろうなぁ。
    それにしても、ピアノの音がちょっと小さい。個性の表現がよくわからない…。
    サイト見たら、来年第2シリーズだ 2018/7/2

  • ゴールデンカムイ』12話:
    競馬場での賭け?最終回とは思えん流れだと思ってたら、10月より第2期放映。まぁ原作のストックがあるからね~。
    明治末の北海道。アイヌの文化も絡め、ヤバいジジイとおっさんと変態が入り乱れて金塊探し。武闘派風だが紳士な杉元と美少女アシリパとトンマな白石が救いね~2018/7/2

  • 最終回では、少々胡散臭そうな、アイヌの占い美女さんが出てきた。この作品ホントにキャラが個性的だなぁ。
    残酷なシーンも多いし、変態の変態性も並はずれてはいるものの、それでも嫌な気がしないのは、なかなか…。(2期も見ます。)2018/7/2

  • 『鬼灯の冷徹』2期26話:
    最終回。うまい具合にキャラが揃う話を持ってきた。
    ツボは、前半は座敷童’sの可愛さ。後半は幼馴染の語る鬼灯評。
    鬼灯の本質は革新的で型破りだから地獄を一新できた。育ちと環境要因が脳を型通りの保守的なものにしただけ、と。
    原作のストックあるので3期もお願い!2018/7/2

>>>このページの最初に戻る

<2018/7/2(2)~>

  • (略)目玉の親父、完全体、カッケー!!!(リアルタイムに『鬼太郎』見てて……くずれそうになったわ)2018/7/1

  • (略)あまりにイケメンで、あまりに衝撃的だったために、ツイッター上でも大騒ぎです!
    「目玉の親父」で、バンバン画像もUPされてくはずですよ。2018/7/1

  • ゲゲゲの鬼太郎 』6期14話:
    子を愛する親と、親からの愛を断たれ子供時代も失った子。鬼太郎は、豊かな子供時代は送れなかったが、親から受けた愛は強く認識してるので、2つを結びつける存在にあるのだとも…。
    鬼太郎の父の活躍で事件は解決するが、命まで奪われた子の渇望はなおも続くようで…2018/7/2

  • ともかく鬼太郎の父、目玉おやじの完成体のイケメンぶりには驚愕!
    ネット上でも言われてるが、原作漫画に出てくる姿は病気になってからだと。だからそれ以前の元気な頃の姿はイケメンでもOKだと…。
    不満と戸惑いの声もあるようだが、話の内容の方が重要だから。父と子の絆は充分に表現されてたよ。2018/7/2

  • 目玉おやじの活躍時のBGMもカッコよかった~。(アレ、モノクロ鬼太郎時代にも流れてなかった?)
    提供に<鳥取県>の横断幕にも驚いたね。
    それと、今回から2クール目突入なんだね。EDが変わってる。2018/7/2

  • 子供に戻った大人たちがつくりあげた風景は、いなか。
    送電線が走っている情景は、昭和40年代というより50年代だな…。
    子供の意思で実体化されたロボットも、昭和50年代以降のロボットアニメのデザインだしね。2018/7/2

  • ピアノの森』12話:
    第1クール最終話にてようやく私が見たかった表現が見れた。
    私がこのアニメ作品で見たかったのは、実際の音楽と、絵とストーリーと演出との融合。1話まるまる主人公の演奏を描いて、ようやくそれを見せてくれた。
    今までの他の人のピアノの音が小さかったのは演出だった?2018/7/9

  • 『鬼太郎』15話、リアルタイムに視聴。
    詳細は後で書くが……とうてい感動できるお話じゃないのに、ヘンに感動してしまった。
    そう、人間は、ひとりひとり自立して生きていかないと!2018/7/8

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期15話:
    自分の価値や生き方は、他者からは決められない。依存して生きよと決めつけられては、生きてく意味がない…。
    確かに外見からでは人間は評価できないし、されるものではない。しかし望む外見を、リスクと責任覚悟で自ら選び取るなら、それはそれでその個人の生き様!2018/7/9

  • ゲストヒロインがそこまで覚悟してたかどうかはわからないが、私はひとつの自立だと感じて、軽く感動したね。
    結局は見た目、外見重視、迎合し過ぎ、浅はか、などとの意見もあるが……
    そういう現実を利用しそれをきっかけに自分の人生を開くのもアリだと思ってる。
    (私にはできないことだが…。)2018/7/9

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期15話:
    幸せと価値観を他者から与えられて満足し、それに依存する人生ではつまらない。生きてく意味がないと感じ、あえて茨の道を選んだとすれば、それはそれで尊重されるべきではないか?
    美しい顔を得ても、とどまらず仕事に直結させてる。決して楽な道を選んだわけではない。2018/7/9

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』6期、深いね。大人向きだよ。2018/7/9