遊星仮面ファンサイト〔付録〕

TVアニメ「王様ランキング」について(1)


*パソコンからご覧の場合は押しても変化しません*


TVアニメ『王様ランキング』の感想を記したツイッター上の記載を転記しています。

それらを時系列に並べ、適当なところで区切り、下記のように並べてみました。

クリックすると、このページ内の記述箇所に移動します。


    略する場合は(略)と記載。あからさまな誤字脱字は訂正。URLはほぼ削除か該当するページ名に変更。それ以外では原則原文を記載。(重要箇所にはリンクや太字や色づけなどの処理も。)


    <2021/4/5~>

    • BS日テレ あの子は漫画を読まない。「花江夏樹に教えたい!岩井勇気、宇垣美里、小野賢章がハマった漫画」:『王様ランキング』(略)2021/4/5

    • 『王様ランキング』がすごく気になる。
      主人公は耳が聞こえず、言葉が話せない王子。
      アニメ化もされるらしい。見るわ!2021/4/5

    • 現時点で見るのを決めてる新作アニメ →10月~『王様ランキング』(略)2021/9/26

    ―――

    • アニメ『王様ランキング』1話感想:
      原作漫画が評判なので視聴。
      なるほど! 一見子供向けの設定と可愛い絵だが、中身は複雑で重い…。
      ボッス王が統治する王国。主人公ボッジは第1王子。
      しかし耳が聞こえず会話もできず力も無く、父から愛されながらも家臣や国民からは蔑まれてた。
      そんな彼が…2021/10/19

    • 初めて会話ができた相手は、人外生物。
      しかしボッジの心の声を読み取り、自分の声をボッジに伝えることができる。名はカゲ。実は、ある国お抱えの暗殺集団だった一族の生き残り…。
      ボッジの母はおらず、代わりに継母と優秀な異母弟が。意地悪そうな継母だが、資料を見ると実はそうではないらしい。2021/10/19

    • パターンには当てはまらない展開が今後待ってるらしい『王様ランキング』。
      1話は、ひとり盗みで生きてきたカゲが、最初はボッジを単なるカモと見てたが、徐々に‥との展開がメイン。
      1話ラストは、主人公ボッジと異母弟ダイダの木刀での勝負。誰もがダイダが勝つと思ってたが‥というところで次回へ!2021/10/19


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/10/26~>

    • (略)『王様ランキング』ものすごくいい!第2話泣いたわ!2021/10/26

    • そう、新作アニメ『王様ランキング』の主人公は、聴覚障がい者です。2021/10/26

    • アニメ『王様ランキング』2話:
      人外生物「影の一族」。某国お抱えの暗殺集団だったが、皆殺しの目に。唯一幼いカゲだけが助かる。
      しかしその後彼はコソ泥として生きざるをえず、少し成長した頃に出会ったのがボッジだった…。
      結局弟に敗れたボッジ。彼に魅かれたカゲは、味方となることを告げる。2021/10/27

    • 一族を惨殺され逃げる幼いカゲ。追っ手を前に母親の骸を見て号泣するが、ある伯爵令嬢とその侍従が機転を利かせて彼を守りぬく。
      この流れの中で号泣を誘うのが、カゲが持ち続ける馬のおもちゃ(=母親からのプレゼント)の存在。子供への非道が浮き彫りとなるのだ。
      生き延びたカゲは町に出るが…2021/10/27

    • お金を持たない彼は食べ物にありつくことができない。
      生きる為に大切な大切な馬のおもちゃを店に置いて(彼としては交換の意味で)食べ物を取るが、それは盗みと捉えられ、ボコボコにされる…。
      あの後おもちゃがどうなったのかを考えただけでも胸が締め付けられる。
      救いはEDでお星さまになってること。2021/10/27

    • おもちゃを手放したカゲを拾ったのは、ならず者の男。カゲに残飯を食べさせながら盗みの手伝いをさせる。
      そんな中でもカゲはぬくもり求めて、夜寝ている男の指を握る…。
      その後男はカゲを、彼の追っ手に売るが、カゲは逃げ切る。
      男は結局喧嘩で殺される。カゲは今際の際の彼の顔を触り涙する。2021/10/27

    • 男は、かつてカゲが自分の指を握った時に感じたぬくもりを思い出し、涙し息を引き取る…。
      最期になって良心が吹き上がったのだ。
      真の悪人、真のならず者などいないのだ。
      ここでも涙が…。2021/10/27

    • 男の死後、カゲはコソ泥をしながらひとり生きぬいてゆく。
      すっかり心はすさんでしまってたが、ボッジと出会い、つい彼の跡を追うことに…。
      ボッジと異母弟ダイダの木刀での勝負。ボッジは身軽さと読唇術で培った読みでダイダの木刀をかわし続ける。
      が、それは「卑怯で汚い戦い方」と捉えられ…。2021/10/27

    • そのため剣術を教わるドーマスから手話で、それは王の剣ではないと諭され、避けずに対峙せざるをえなくなり、ボコボコに打ち負かされてしまう…。
      包帯ぐるぐる巻き状態で部屋の寝かされたボッジは1人悔しさに…。
      そこに忍びこんだカゲは「これからどんなことがあってもお前の味方になりたいんだ」と。2021/10/27

    • カゲの心の中には、母親から聞かされた言葉があった。
      残酷な暗殺を生業にし、それに合わせたような異形な姿をしていながらも、「私達は自分を必要としてくれたその人の為に尽くすの。それが私達の明かりなのよ」と…。
      ボッジは「味方になりたい」とのカゲの言葉に感涙する。初めての友人の言葉に…。2021/10/27

    • 以上、アニメ『王様ランキング』2話について。
      原作の評判は聞いていたが……たしかにこれは相当に良作の予感が!2021/10/27


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/11/3~>

    • (略)『王様ランキング』は今のところ、近年の新作の中でも飛び抜けたデキの1つだわ!(略)2021/11/3

    • アニメ『王様ランキング』3話:
      ボッス王国初代国王ボッスが死ぬ。ボッジを次にとの遺言を無視し、王妃ヒリングは実子ダイダを新国王にする。
      それは継子ボッジも愛するヒリングなりの配慮からだった。
      彼女は、(行方不明のカゲを探す為)旅に出たいと言うボッジの願いを聞き入れ、供を付けて送り出す。2021/11/3

    • 登場人物調べた。その一部→
      ・ボッジ(聴覚障がいもつ主人公)
      ・ボッス(王/巨人)
      ・ヒリング(王妃/ボッスの後妻)
      ・ダイダ(ボッジの異母弟)
      [家臣]
      ・ドーマス<ソードマスター>
      ・アピス<王の槍>
      ・ベビン<蛇使い>
      ・ドルーシ<王妃の盾>
      ・ホクロ
      [人外生物]
      ・カゲ
      ・ミツマタ(大蛇)
      ・魔法の鏡2021/11/3

    • <詳細粗筋ー1>
      夜ボッジの部屋に忍び込んでたカゲは、ボッジのケガをある人物が不思議な力で治すのを密かに目撃。
      驚きと安心からか警戒を怠り、ベビンと蛇達に捕まる。(カゲは2話で一度彼らに捕まりそうになってた)
      そして闘病中のボッス王が死ぬ。
      王家族と重臣達が集まった中で遺言が読まれる。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー2>
      新国王はボッジと。
      ボッスの遺体から湧き出た“魔神”もボッジを指さす。
      ダイダは納得できない。そんな中、彼の部屋にいる「魔法の鏡」は、王は貴方だと…。
      そして本当に、国民の前ではダイダが王に指名。
      実はヒリングが王の意思に逆らい、6人の重臣達と話し合ってそう決めたのだ。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー3>
      傷心のボッジ。そこにベビンが来て、貴方の友人カゲは旅に出て2度と会えないと言ってたと告げる。
      (牢に入れられたカゲは脱獄を試みるが失敗。その際ベビンは彼がボッジの友人だと知る…)
      カゲに何があったのかを知りたいボッジは、ベビンの部下であるミツマタのもとへ事情を聞きに。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー4>
      ボッジとベビンに恩があるというミツマタは、カゲと同じく人外生物。その為かボッジとの会話可能。
      彼は、ベビンがカゲに重要任務を与え旅に出したと告げる…。
      一方の新国王ダイダ。ヒリングとの話し合いの場で自分を王に推さなかった重臣達を追放。更にその1人アピスに刺客を送る。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー5>
      刺客はベビンだった。
      彼はダイダが「魔法の鏡」に煽られてることに気づくが、逆らえない。
      結局アピスに刺され、その体は吹き上がった土の中に。(蛇達が助けたらしい)
      そしてボッジ。彼はカゲを探す決意をする。
      旅に出たいとヒリングに申し出るが許されない。
      そこで脱出を試みる。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー6>
      その無謀な試みに気づいたヒリングは、彼を引き留めようとする。
      自らの命も顧みず、城から落ちる彼を助けようとし、落ちてしまったら、自らのヒーリング力で彼を回復させる!
      実は、ダイダと勝負した際の彼の傷を治したのは彼女だった。
      彼女は継子ボッジを実子同様に愛してたのだ!2021/11/3

    • <詳細粗筋ー7>
      実母をなくした悲しみが癒えない中でボッジの新しい母となったヒリングは、優しかった。
      (今や大蛇となったミツマタも、小さい頃、ちょうどその頃の彼らに命を救われてた)
      ヒリングがボッジを王にしなかったのは、非力な彼を過酷な目にあわせたくないという彼女なりの愛情からだった。2021/11/3

    • <詳細粗筋ー8 終>
      結局ヒリングは、自分の実家に挨拶に行くとの目的で、ボッジに旅を許す。
      供にドーマスと、志願兵ホクロを付けて。
      (ダイダを気に入り王に推したドーマスは、少々複雑な表情…)
      そして3人は出発。直後突然ヒリングは激しい不安に襲われる。息子2人に会えなくなるのではという…。2021/11/3

    • 王妃ヒリング。
      継子も実子も隔たりなく愛する優しい母親だった。
      ヒーリングするのは相当体力使うようなのに、頑張ってた。
      一方で、過激な言動に走りやすい不器用さも持つ…。
      ボッジが小さい頃は優しかったのに、最近では意地悪っぽく厳しい。
      彼女なりの鍛え方?「しっかりしろ」とのエールかな?2021/11/3

    • 大蛇ミツマタ。詳細情報は話せないと言いながらも、こうボッジに呟く。「貴方を慕うものは沢山います。それを忘れないで下さい」
      「魔法の鏡」に煽られ、今の所悪者に見えるダイダだが、彼も薄っぺらいキャラではないらしい。
      アピスとベビンとの闘いのシーン。短いが非常に作画が良かった!2021/11/3

    • ――以上、アニメ『王様ランキング』3話について。
      あと、忘れてはいけないのはこの作品における「手話」の役割。
      全員かどうかはわからないが重臣達、そして兵士の一部も手話ができ、ボッジと意思疎通可能。
      ヒリングは最初はできなかったが、今では体得できてる。
      一方でダイダは手話ができないようだ。2021/11/3


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/11/10~>

    • アニメ『王様ランキング』4話:
      ボッジ/ドーマス/ホクロが旅に出た一方、王国内には「王様ランキング」決める審査員が調査に。
      結果ボッス王国のランキング大幅下落→ダイダの暴走へと!
      その前にも彼は「魔法の鏡」に煽られ兄暗殺の命まで出してた。ドーマスは逆らえずにボッジを「地獄の門」に落とす。2021/11/10

    • <キャラから説明>
      ボッジ:
      平気で金貨使うわ、カバンを紛失するわ(あとでなぜか見つかる)、「狩人」に捕まるわと、供を困らせながら旅を。
      ドーマス(1):
      亡きボッスの命でボッジの剣術指南役に。ヒリングからは手話学び、ボッジと意思疎通できた時には涙流した。
      だが今は、ダイダの命に従う…。2021/11/10

    • ホクロ:
      自分達が食べてたかもしれない毒入り肉を奪って食べた狐親子が翌日死んでた。
      悲しむボッジ見て、昔を思い出す…。
      墓地にて。母親を亡くした幼いボッジが、同じく母?を亡くして悲しむ自分に気づき、母親の墓に供えてた花を、自分の墓の方にも供えてくれた。
      それが彼がボッジを慕う理由。2021/11/10

    • ドーマス(2):
      山や町越え、冥府へと繋がる穴(別名:地獄の門)のふもとの町へ、ボッジ達を連れていく。
      ホクロを宿探しに向かわせた隙に、ボッジを地獄の門に連れ出し、穴に突き落とす…。
      その瞬間の衝撃は、離れた場所にいるヒリングにもわずかに伝わる。
      「お許し下さい!」と号泣するドーマス…。2021/11/10

    • 狩人:
      なぜか王冠をかぶってる。
      ボッジは森の中で偶然彼の住みかに入り込む。
      生きる為に他のものを殺して食べる自然の理を教わるが、彼が自分を食べようとしたので逃げるww
      (彼のもとで長時間いたのに、ドーマスとホクロが落ち着いてたのはちと不自然だった。ボッジを必死で探したはずなのに…)2021/11/10

    • 新国王のランキングづけにやって来た「王様ランキング協会」の審査員と、アピス:
      アピス語る「ランキングか…あまりいい噂を聞かないな。1位になった王は、神の宝物庫から好きな物を1つ頂戴できるとか」「歴代の王は皆同じ宝を選ぶが…その後、行方不明になるか気が触れているらしいじゃないか」2021/11/10

    • ダイダ(1):
      彼が兄暗殺の命を出したのは「魔法の鏡」の指示による。
      鏡は言う「いつ誰がボッジ様を担ぎ上げ、この国に混乱が起こらないとは限らないのですから。そうすれば戦乱が起き、多くの命が失われます。王である貴方はそれを防がなければいけない」。
      さらに父王の死体から力を手に入れよと。2021/11/10

    • ダイダ(2):
      本当は自身の力だけに賭けたかったが、「王様ランキング協会」の審査員からランキング下落を告げられ…。
      夢の中で、母(=良心の具現?)と、兄(=希望の具現?)を見る。これは自分の深層心理ではと感じた彼は、それらを振り払い理想とする王になる為に、父の力を手に入れる覚悟を決める。2021/11/10

    • アニメ『王様ランキング』4話:
      ダイダも主人公級だ。 彼は本当は兄を慕ってる。でもそう思うことは「王ではない」と思い込まされ、苦悩してるのだ。
      苦悩はドーマスも…。
      今回ちと詰め込みぎみ。展開早過ぎ。でも理解はできる。
      「狩人」は浮いてたけど伏線かな?
      カゲがボッジを守ってくれてる?2021/11/10


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/11/17~>

    • アニメ『王様ランキング』5話:
      ドーマスに「地獄の門」に落とされたボッジを、カバンに潜んでずっと彼を護衛してたカゲが救う。2人は更に地下に向かう途中ガスにやられ、冥府の王のもとへ。
      ダイダは「魔法の鏡」作の秘薬を怪しみ 飲まず。
      ドーマスは、ホクロの怒りの剣を腕で受け、その腕を自ら切断。2021/11/17

    • <詳細>(略)
      大きく4つの動線が!
      (A)ボッジとカゲの再会→冥府の王と会う
      (B)ダイダ&魔法の鏡、氷漬けにされた諸物体がある城の地下室へ→別の塔?で秘薬完成
      (C)アピス、城の地下室へ
      (D)ドーマス、ダイダから兄暗殺命じられる(回想)→ドーマスの所業知りホクロ激怒2021/11/17

    • (A)
      ボッジは地獄の門に落とされるも、カゲの尽力で、出っぱり部分に落ち無事!
      カゲはベビンの命受け、カバンの中に潜みずっとボッジを守り続けてた。3話で彼が塔から落ちた時は衝撃和らげ、4話でカバンが盗られた時はカバンごと戻り。
      4話では食べる寸前だった毒肉からも。(やはりドーマスの仕業…)2021/11/17

    • 再会に涙するボッジとカゲ。
      カゲは、ボッジを強くしてくれる者が地下深く、冥府にいると語る。(どこでそういう情報を得てたのかは不明だが)
      今いる所からは地下へと向かう階段が伸びていて、2人はそこを下りていく。
      しかし途中でガスに巻かれ…。
      気絶した2人の体は、冥府の王の前に置かれていた。2021/11/17

    • 冥府の王は、2人が呪いのガスで死ななかったのは、2人ともすでに呪われているからだと語る。
      ひとりは<力を奪われた巨人>、黒いもうひとりは<神に嫌われ姿を変えられた影一族>だと。
      (5話で最も意味深なシーン!)
      目を覚ましたボッジに王は話しかける。
      お前、ボッスの息子だろ、と。2021/11/17

    • (B)
      ダイダと魔法の鏡は、2人の守衛が守る地下室へ。
      室内には色々なものが氷漬けにされてた。
      ダイダの父ボッスの遺体も!
      2人の守衛は遺体を粉砕し液体に!
      その液体に薬入れ太陽光当てると卵が出現。即生まれた怪鳥の首切って血出して胴体焼いて‥などと、意味不明で気色悪い工程を経て秘薬完成!2021/11/17

    • 飲めば計り知れない力が得られると「魔法の鏡」は煽るも、ダイダは「こんなもの飲めるか!」と。
      (工程を見ていなかったら飲めたかもしれないが…)
      ダイダは改めて、何事も決して楽な道などない――との師ベビンの言葉を思い出す。
      努力して己の力で「王様ランキング」1位を目指すと叫び、秘薬を捨てる。2021/11/17

    • (c)
      地下室へ向かうアピス。
      2人の守衛は秘薬作りに駆り出されていたため不在で、そのまま中に入る。
      氷漬けもろもろの中で、彼の回想が展開するが、謎が多い。
      1つ言えることは、彼は昔は今ほど強くはなかったようである。2021/11/17

    • (D)
      ドーマスの回想:
      彼が極秘会議で、本来忠誠を尽くすべき兄ではなく自分を王に推したことを、ダイダは責める。「卑怯者め、臣下の風上にもおけぬ」と。
      一方でダイダは、信頼できる者だと思ってたのに、ゆくゆくは自分の右腕にしたいと思ってたのに、などとドーマスの心を揺らす言葉を吐き…。2021/11/17

    • 更には、自分は国の為民の為にある決断を下した、それは本当に信頼できる者にしか命じることができない…とまで。
      うまく誘導されたか、ドーマスは反射的に「ならばこのドーマスに!」となってしまった…。
      このシーンでのダイダの心理を測るのは難しい。
      臣が主を裏切るのは卑怯との理屈は尤もだが…。2021/11/17

    • 主を平気で裏切る臣は、主を変えても同じことをしかねないとの理屈だろうが、逆にドーマスが自分ではなく兄を推してたら、彼をアピスと同じ目に合わせてた可能性はないのか?
      ドーマスの心の揺れを利用し、彼の手を汚させるよう仕向けた可能性は?
      ただ、ダイダがそこまでの人間とも思えないし、難しい…。2021/11/17

    • 誘導されてか利用されてか、自分の愚かさからか。
      発端がどうであるにせよ、臣としてはもはや王の命には逆らえない。
      それでもドーマスは、行為後激しい自責の念に駆られ、自分がしたことを正直にホクロに語る。
      ボッジを慕うホクロは、彼を守れなかった自分へのけじめとして、ドーマスに剣を向ける。2021/11/17

    • ここからの描写がすさまじい!
      到底かなわぬ相手に立ち向かうホクロ。ボッジへの純粋な情愛から発する怒りに、自分の罪を突きつけられたドーマスは、ホクロの剣を自分の右腕で受けとめる。
      「腕1本ぐらいしっかり打ち落とせ」」と叫び、ホクロを峰打ちで気絶させ、切れかけた自分の右腕を斬り落とす…。2021/11/17

    • アニメ『王様ランキング』5話:
      人物の内面描写が深く複雑。
      兄殺しを命じる一方卑怯を嫌い、楽しては王としての道は開けないと悟るダイダ。王ダイダの命とはいえ主であるボッジを手にかけ苦しむドーマス。ボッジを守れなかったと苦しむホクロ。
      再会したボッジとカゲ。彼らは共に重い宿命を背負ってた。2021/11/17

    • ネットを見てると、右腕を斬り落としたドーマスが「もう手話ができない…」との書き込みがいくつも。
      でもちょっと調べると、ボッジは口唇術を身に付けてるらしいから、意思疎通は図れるようだよ。2021/11/17

    • アニメ『王様ランキング』について:
      (略)5話でドーマスに裏切られたことを知ったボッジに対しカゲが語る台詞「気にすんな。人生には色々あんだよ」に心打たれる声がネット上に多数。
      2話で明かされたカゲの壮絶な過去。それでも生き抜いてきた彼だからこそ発せられる重みのある台詞だ。2021/11/24


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/11/24~>

    • アニメ『王様ランキング』6話:
      カゲが探してた「ボッジを強くしてくれる人」とは、冥府の王デスハーではなく、彼の弟デスパーだった。
      ボッジとカゲは冥府騎士団の隊長に見送られ、デスパーの元へ。
      一方ダイダは、「魔法の鏡」の策略でアピスにより気絶させられ、ボッスのエキス入り秘薬を飲まされる。2021/11/24

    • <詳細>
      主要登場人物に、デスハーとデスパーが加わる。「魔法の鏡」はミランジョという名だと判明。
      動線は2つ→
      (A)デスハーの前で、冥府騎士団の隊長と手合わせしたボッジ。カゲと共にデスパーの元へ
      (B)ミランジョはアピスを従わせ、ダイダを気絶させ、秘薬を飲ませる2021/11/24

    • (A)
      「凡人を強くしてくれる者が冥府にいる」との情報はベビンからだった。カゲはベビンより、その者のもとへボッジを連れて行くよう頼まれてた。
      ボッジとカゲの前に座る冥府の王は、それは自分だと…。
      彼の名はデスハー。「王様ランキング2位」の王。
      まずはボッジの実力を見るためにと……2021/11/24

    • 冥府騎士団の隊長と手合わせさせるも、逃避能力以外は×。
      才能が無いとして「ボッジを強くしてくれ」との依頼を拒否するデスハーに対し、カゲはベビンからの紹介状を手渡すが、人違いだとしてボッジ共々追い出される。
      実はカゲが探してたのはデスハーではなく、彼が複雑な感情抱く弟のデスパーだった。2021/11/24

    • 冥府騎士団の隊長は、ボッジの逃避能力には「さすがボッス王の息子」と。
      さらに真摯でまっすぐな性格に魅せられたのか、「ボッジ様の成長を見てみたい」として、温かくボッジとカゲを見送る…。
      2人はデスハーの治める豊かな街に入る。彼の銅像もあるがなぜか顔が潰されてた。
      そしてデスパーに会う。2021/11/24

    • カゲは始終ボッジを応援し、他者に彼のことを確実に伝えようと懸命だった。
      ボッジは、デスハーの言葉は口の動きで読み取ってたようだが、鎧をかぶった冥府騎士団の隊長の言葉はわからないのでカゲが伝えていた。
      カゲも冥府騎士団の隊長も魅せられるボッジの人間性は、彼の王としての器かもしれない。2021/11/24

    • (B)
      秘薬を床の上にぶちまけたダイダ。彼には兄ボッジへの複雑な思いが。
      非力ゆえに母に愛され自分のような努力もせずに安楽に生きてきたと、剣の手合いをしても逃げるばかりだと、それなのに父から次期王に指名されたとして、兄へは怒りに近い嫉妬が。
      それゆえ猶更自分の力だけで立派な王になろうと。2021/11/24

    • そんな中アピス乱入。問答無用にダイダを殺そうとするが、「魔法の鏡」ミランジョに止められる。
      アピスは、何年かぶりに会う彼女の姿に驚愕!
      実はアピスは昔弱かったが、ボッズ王が見守る中、人の姿だったミランジョのもとで強化?させられた過去が。
      そのためかアピスはミランジョに逆らえず…… 2021/11/24

    • 彼女の命に従い、自分を殺そうとしたダイダを油断させ、一撃で気絶させる。
      その上でミランジョは、ダイダが床にぶちまけた秘薬を、守衛達に命じて布(雑巾?)に含ませそれを絞ってダイダに飲ませる…。
      以降のネタバレ読むと、ここまでのアピスの行為は揺るぎない忠義ゆえかららしい。倫理はともかくも。2021/11/24

    • ミランジョがベビンについて語るシーンもある。
      ダイダに秘薬を飲ませる計画についてはかなり前からベビンは知ってて、自分の部下達(ミツマタなどの蛇達)を使ってそれを阻止、ダイダを守り続けていたのだと。
      ダイダに厳しい訓練をさせてきたのも、臣下としての忠義以上に、情愛があったからだろうと。2021/11/24

    • アニメ『王様ランキング』6話:
      非力でも一芸あるボッジ。「貴方を慕うものは沢山います」とミツマタが語った通りの、王の器としての一面も見せる…。
      一方で、理不尽な策略に晒されるダイダ。彼の周りでも、愛憎と陰謀が駆け巡る…。
      それでもこの作品、人物1人1人が深くて、善悪では切り取れない。2021/11/24


    >>>このページの最初に戻る

    <2021/12/1~>

    • アニメ『王様ランキング』7話:
      ダイダは意識がない中、ミランジョから無理やり秘薬を飲まされ、目覚めると別人?に。
      一方ボッジは、冥府の王デスハーの弟デスパーの弟子に。
      金好きな俗物に見えたデスパーだったが、実は博学で優秀な指導者。
      ボッジはカゲの献身にも支えられ、強い力を身につけていく。2021/12/1

    • <詳細>
      意識がない中、ミランジョから無理やり秘薬を飲まされるダイダ。アピスは不安げに見守る…。
      一方、デスパー宅を訪ねるボッジとカゲ。
      デスパーは、兄デスハーとは顔が全然似てなかった。
      賢王たる兄を敬いつつも、兄のコンプレックスは顔で、王国の住民が建てた銅像の顔も潰した程だと語る。2021/12/1

    • カゲは、ボッジを強くしてくれとベビンからの紹介状と金をデスパーに渡すも、足りないと。やむなくボッジの城からの盗品渡し、漸く弟子入りOKに。
      だが、ボッジの体には筋肉の力が殆ど無いことが判明。
      それでも何とかすると言われ、本人以上に喜ぶカゲ。
      2人は早速、翌日からの掃除/雑用を命じられる。2021/12/1

    • 翌日1人早く起きたボッジは、掃除や料理を。
      ご満悦げにトンデモ料理を作り、本人はご満悦げに食べるが、残り2人は食べて瀕死状態にww
      (この辺の描写が楽しく丁寧)
      デスパーは、ボッジが強靭な胃を持ってる理由は、彼が小さくとも(純血の)巨人であるからだとカゲに言い、今後一切料理はさせるなとww2021/12/1

    • デスパーは、闘いに弱かった。しかし闘いの指導者としては優秀だった。(この点ではドーマスとは真逆)
      ボッジに最適な武器を選ばせ、毎日一定時間密室内で訓練させた。
      その間カゲは外で待機。視聴者同様2人が何をしてるのかわからない。
      しかしほんの一瞬目に入る。ボッジが岩を真っ2つにしてたのを!2021/12/1

    • 闘いの訓練以外の時間では、ボッジは(料理以外の)雑用をカゲとともにこなし、カゲは料理で2人を支える。
      3人の食事のシーンは温かな家族のよう…。
      一方、目覚めたダイダ(の体)はつぶやく。「そうか、私はまた息子を犠牲にしたか…」2021/12/1

    • アニメ『王様ランキング』7話:
      2組の兄弟が。
      1組目は賢王である兄と、剣術等の優秀な指導者である弟。なんやかんやで互いに認め合ってる?
      2組目はボッジとダイダ。
      ボッジは優秀な指導者のもと、カゲの支えもあり、初めて肉体の才能を開花させていく。
      一方のダイダの肉体には、理不尽な事態が!2021/12/1

    • 人との出会いは本当に大事だと痛感する回でもある。
      ボッジを強くするということ。ドーマスには何年かかってもできなかったことが、デスパーにならすぐに可能だったんだから。
      もちろんそこには、カゲの支えもあってだろうが。2021/12/1

    • カゲを通じてボッジをデスパーのもとに導いたのはベビン。
      ひょっとして彼は、ボッジの剣の指導者としてのドーマスの資質には、とっくの昔に見切りをつけてたのだろうか?
      しかしボッス王生存中は口出しできなかったのだろうか?2021/12/1